AOLの秘密の愛―Love.comをテスト中

次の記事

親愛なるOwen―MySpaceでは幸運を祈る


AOLは新しいコンテンツ・サイトを公開ベータテスト中だ。Love.comというこのサイトは今月初旬からオープンしているが、これまでのところメディアの注目AOLをまったく集めていない。というのもAOLはまったく告知を行っていないし、AOLの他サイトからリンクも張っていないからだ。しかし実はすでに相当巨大なサイトに成長している。35万の記事が掲載され、検索エンジンのリンクとTwitterやFacebookなどのSNS上の口コミで1週間で10万のユニーク訪問者が集まっている。

サイトのトップは、love.comで、その下に分野別のサブドメインが広がっている。現在コンテンツは人間が(というか、少なくとも私が)思いつくかぎりのあらゆる分野を網羅している。ビートルズセックスお金ロックンロールハムスターバラク・オバマ、等々。検索エンジンは大喜びだろう。

このサイトはBill Wilsonが指揮する新しいMediaGlow事業部が開発している。MediaGlowは従来のAOLとは異なった独自のカラーのコンテンツ提供を目指している。コンテンツは先ごろAOLが買収した検索エンジンのRelegenceを通してアルゴリズムで収集される。ソースはYouTube、Twitter、その他主要なニュース・サイトなどのサードパーティーのサービスで、それぞれソース・ページにリンクが張られる。処理は高度に自動化されており、ほとんど人手を必要としない。

現在までAOLはLove.comについて。「今年中に正式にスタートする。目的は人々が好むありとあらゆる話題についてのコンテンツページを提供すること」と述べる以外、 ほとんどコメントしていない。MediaGlowのサイトは「Love.comネットワークは皆さんの好きなあらゆる話題を、ひとつの大きな屋根の下で提供します。何百、何千というジャンルのブログファンにぴったりの話題が見つかります。将来は皆さんがこのサイトを利用して自分の好きな話題を自動的にモニタできるカスタム・ホームページが作れるようにする計画です」と述べている。

Love.comはもともと個人広告のサイトとして2003年にスタートした。その後、AOLと長年提携関係にあるオンラインデートサイト、Match.comへのリダイレクトを行うだけのサイトになっていた。

AOL社員のFrank Gruberのブログに記事がある。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)