marin software

検索エンジン上の広告管理を助けるSEOソフトのMarinが$13Mを調達

次の記事

Quub: (昔々のTwitterのように)“今何してる”と尋ねるだけのマイクロメッセージングサービス

広告主や代理店向けにSEOソフトを作っているMarin Softwareが、DAG Venturesが仕切りFocus VenturesBenchmark CapitalAmicus Capitalが参加したシリーズCの資金調達ラウンドにより$13M(1300万ドル)を確保した。Marinは2008年にBenchmark CapitalのリードによりシリーズBで$7.25M(725万ドル)を獲得し、その前の2006年にはAmicus Capitalより$2.5M(250万ドル)をシリーズAで調達した。

Marin Softwareは、広告主や代理店がGoogle、Yahoo、MSNなどの検索サイトに出稿した検索広告を管理する作業を助ける、ブラウザ上のアプリケーションを提供している。そのソフトウェアは現在、Razorfish, ZipRealtyなどの企業が使用している。Marinの顧客は毎月10万ドル以上を大手検索エンジンの上で検索広告に費やしている。同社の主な競合他社は、KenshooRefined Labsなどである。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)