Androidに下位互換の話題が出た。何だか面倒になりそうだ

次の記事

[CG]さあ、アップルとベライゾンが組んでiPhone liteとマルチメディアタブレットを出すぞ!

deniserichards980x340vieg6iPhoneが大好きな人も大嫌いな人も、買ってきたデバイスでApp Storeのアプリが全部動くことはみんな知っている。これまではGoogleのAndroidプラットホームでも同じだった。ただし、それはデバイスがG1の1種類しかなかったからだ。今後新しいデバイスが発売され、それをサポートする新しいファームウェア(1.5、通称”cupcake”) が出てくるにつれ、物事は怪しくなってくる。

先週われわれは、Androidソフトウェア1.5のアップデートによって、これまで動いていたアプリで動かなくなるものがあるという件について書いた。Googleが解決方法のヒントを与えてはいるが、厄介な問題であることに変わりはない。そして今日Android開発者ブログに投稿された記事には、恐れていたあの言葉が書かれていた、「Backward compatibility」(下位互換)。

オープンプラットホームとして、GoogleではAndroidの全アプリに対して下位互換を要求してはいない。しかし、多くのデバイスやアプリケーションが出てくると、そのことが問題になりかねない。Googleがこう書いている、「あなたのアプリケーションをあらゆるデバイスで動かしたいですか、それとも新しいソフトウェアの走るデバイスだけにしますか」。iPhoneアプリの大半が、同じ質問の2番目に答えている。それが縛りになると思うかもしれないが、おかげでApp Storeには一定のシンプルさが保たれている。そしておそらくもっと重要なのは、iPhoneアプリの開発にもそのシンプルさが保たれるていることだろう。

iPhoneプラットホームは、アプリケーションの数で既にAndroidに大差をつけている。下位互換にしろ何にしろ、Android向けの開発が複雑になることは決してプラスにならない。そしてこれは、iPhoneとAndroidの基本的な違いに根づいている。クローズドシステムでAppleだけがデバイスを作っているiPhoneでは、開発エコシステムや、ユーザー体験等の重要事項を容易にコントロールすることができる。オープンなシステムであるAndroidにとっては、いずれを行うのもずっと困難だ。しかし、Androidは非常に多くの電話機(およびその他の機器)に塔載されるので、どこかの段階でプラットホームとしてiPhoneより大きくなるだろう。

そう、あのMicrosoftとAppleの間で80~90年代に起きたパソコン戦争と本質は同じだ。しかしあの時われわれが学んだように、「大きい」ことが「良い」こととは限らない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)