ニュース
istockphoto
fotolia

Fotoliaがマイクロストックビデオも販売開始

次の記事

ドメインのマネタイズを行うParked.com、WhyParkを買収

マイクロストック写真サイトのFotoliaがビデオの提供を開始した。同サービスはこの2月に登録ユーザー数100万人を達成した際、近いうちにビデオサービスを始めると言っており、今回それが実現した。

Fotoliaには開始時点で1万本の著作権使用料無料のビデオクリップがあり、ビデオ広告、ウェブサイト、モバイルアニメーション等に使用することができる。いずれも5~60秒のノーブランドのビデオクリップで、埋め草や背景、場面の切り替えなどに使える。ライバルのiStockPhotoは数年前からビデオを提供しており、最近はオーディオも扱っている。

Fotoliaの品揃えは、”flu”(インフルエンザ)や“despair”(絶望)などのキーワードを指定して検索するとまだまだ少ない。Fotoliaではどちらのキーワードもビデオが1本ずつ見つかっただけだが、iStockPhotoではそれぞれ117本と718本見つかった。しかしFotoliaのコレクションも今後充実していくだろう。ノーブランドのビデオクリップの価格は$10以上するべきではないと思う。しかし、自分が欲しいと思うビデオあればいいなと思うビデオのイメージをリクエストできて、それを作ったビデオ作家がFotoliaで販売する権利を持つようなシステムができればすばらしい。

下に貼ったのは、Fotoliaにあるビデオで題名は”ball with pain”。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)