vulcan capital
gist
foundry group

Gmail、Twitter、Outlookの統合サービスを提供するGistが$6.75Mを調達

次の記事

‘Particle’、ステルスモードから飛び出してローンチ―投資家にはジャスティン・ティンバーレイクが

シアトルのGistが、Foundry Group主導のもと、設立時の投資会社であるVulcan Capitalも加わって、シリーズAで$6.75M(675万ドル)の出資を受けた。今回の資金調達は商品開発および運用体制強化のためのもの。

Gistは現在非公開ベータで、Microsoft OutlookとGmailからの情報をまとめ、インボックス内のメールやリンク、添付ファイル、および関連情報(ニュースサイトやブログ等)の管理ないしプライオリティー付けを行うサービスを提供している。GistではLinkedIn、Facebook、およびTwitterとの統合環境も実現しており、これらソーシャルネットワーク上の情報も同時に扱うことができる。Gistはウェブからでも、アプリケーション(たとえばOutlook)からでも、あるいはモバイル機器からもアクセスすることができる。iPhone用アプリケーションも用意されている。

Gistは2008年にT.A. McCannが始めたもの。McCannはアントレプレナーで、マイクロソフトのExchange Server Groupの元上級社員だった。Gistのスタート時に最初に出資したのはマイクロソフトの共同設立者であるPaul AllenのVulcan Capitalだった。数々のプロトタイピングおよびリサーチを経て、McCannとVulcanは2008年中頃にワシントン州シアトルに本社を設立した。

Gistのインタフェースを以下に掲載しておく。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)