Next09 ビデオインタビュー:ジェフ・ジャービス的思考

次の記事

Kindle版書籍の売上げ数は印刷版書籍の35%に達している

ようやく私は、ここドイツ、ハンブルグのNext09ジェフ・ジャービスに会うことができ、最近の著書What Would Google Do?(邦訳『グーグル的思考』)や、伝統的メディア業界と今の苦闘ぶりに対する彼の見方、さらにはTechCrunchへの深遠な愛情(はいっ、親分)について語ってもらった。

ジャービスをご存じない方に説明すると、同氏は著者でありBuzzmachineDell Hell(Dell地獄)知ってる?)の著名なブロガーであるとともに、ニューヨーク市立大学に新設されたジャーナリズム大学院の准教授兼インタラクティブジャーナリズム担当ディレクターを務める。

われわれは彼の最新著作について、なぜあのタイトルになったか、本当に人が言うような大Googleファンなのか、Google対新聞業界の状況全体についてどう思うかなどを話した。新聞業界について、同氏が言うところの「リンク経済」を理解しないことは自殺行為であると言っていたが、当たっていると思う。(これに関するわれわれの以前の記事が、ここここにある)。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)