テクノロジー系の求人はまだ少ないがレイオフは一息つく

次の記事

Twitterの発明者、コードネームSquirrel〔リス〕を準備中―ドングリでクレジットカードを受け入れ?

この4月の雇用情勢はテクノロジー系に限らず全般的にみても厳しいものだった。しかしひょっとするとトンネルの向こうにかすかな明かりが見えてきた可能性もある。もちろん今日(米国時間5/8)はアメリカの失業率が1983以来の最高の8.9%となったという憂鬱なニュースが伝えられた。先月には全米で70万の職が失われ、2007年12月から2009年4月までに失われた職はトータル570万にもなった。しかし景気はあいかわらず後退が続いているものの、レイオフのペースは、少なくともテクノロジー分野に関する限り、減速し始めている。

TechCrunchのレイオフトラッカーによると、4月にレイオフ総数はは33万に到達した。Yahoo(675)、Sony Ericsson(2千)、Toshiba(3900)、Nokia(4509などが4月に実施された主なレイオフだ。メディア企業のレイオフはNPR、Tribune、Conde Nast Digitalなどで実施された。しかし新たなレイオフは減速の傾向にある。2月にレイオフ総数が20万から30万になるにはわずか3週間しかかからなかった。1月に20万の大台を超えるには5週間だった。ところが、30万を越してから今日まで11週間経っているが、レイオフ総数は33万515人にしかなっていない。

もちろん、すっかり危機を脱したとはいえない。先月、われわれはDice.comの調査によれば、テクノロジー系の求人が4月に入っていっそう減ったこととを伝えた。テクノロジー系求人サイトのDice.comへの4月の求人は、対前年同期比で47%減少している。3月の対前年同期は45%の落ち込みだったから、さらに悪化しているわけだ。4月の落ち込み率は、Thomas Weisel Partnersによると、Diceとして今年最悪だったという。2月は40.4%、1月は39.3%の落ち込みだった。Diceの求人で全米10ヵ所の大都市圏でシリコンバレーの減少率が最大だったという。シリコンバレーの対前年比は54.2%のダウンで、シカゴ(54.2%ダウン)、ボストン(52.6%ダウン)も同程度の大幅な減少を記録している。〔以下英文〕

Our own smaller jobs site, CrunchBoard, has also seen a sharp decline in available tech jobs in the past month. A little over year ago 100 – 120 job listings were added to CrunchBoard each month. The number of new listings gradually declined with the onset of the recession and then fell significantly in November 2008, dropping from 68 to 37 listings from the month before. The listings rose slightly over the next few months, with February’s listings hovering around 60. In April, the listings dropped to a low of 35 job postings.

But the Conference Board’s Online Help-wanted Index may show signs of hope in the economy, reporting that monthly job demand dropped 131,000 in April, down 28% year over year, compared to the 31% year over year decline in March. And Challenger, Gray & Christmas released a report yesterday that planned layoff announcements eased in April to 133,000, from 150,000 in March.

Strangely enough, it looks like the fishing, farming and hunting industry has been able to weather the storm better than any other area. According to analyst Christa Quarles from Thomas Weisel, the agriculture, forestry, fishing and hunting industry was the only industry that showed an increase in job vacancies in April. Maybe we are in the wrong industry.

We’ve consistently believed in the resilience of the tech industry, especially given the industry’s past experience with economic downturns. Hopefully, the ease in layoffs is a sign that the tech industry is slowly but surely rebounding in the wake of the economic crisis.

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)