ニュース
Seesmic Desktop
seesmic
bdule
alertthingy

Sobees、満を持してTwitter/Facebookデスクトップアプリレースに参戦

次の記事

握手は野蛮で不潔な風習だ―もうきっぱり止めよう!

このところTechCrunchでは、究極のデスクトップ用ソーシャルネットワーキングアプリを作ろうと懸命な会社をいくつも追ってきた。取り上げたのはTweetDeckTwhirl / Seesmic DesktopAlertThingyなどで、ほかにもTwitterに的を絞ったもの(TweetieNambuTwitterific等)を含めればさらに数は増える。

このレースに参加していながら殆ど注目されてこなかったのがSobeesで、おそらく大きな理由はWindows用しかないこと(しかも最新の.NETフレームワークが必要)だろうが、そもそも大きく注目を集めるほどのものでもなかった。

同社のソーシャルネットワーク・アグリゲーターについては、公開ベータに入った際に取り上げており、このアプリが一般的ユーザーを対象にしており、数多くのウェブアプリやソーシャルネットワーキングサービスをデスクトップから操作できるものであることを報じた。FacebookやTwitter、Digg、Flickr、YouTubeをはじめとする多くのウェブサービスと連動する気の利いたアプリだが、毎日使い続けるには機能を詰め込みすぎていると常々感じていた。

だから同社がTwitter、Facebook、Twitter Search向けにスタンドアローンのクライアントを作るという話には興味があった。しかも、FacebookがいいタイミングでOpen Stream APIを公開すると、すかさずAPIを.NETに移植し、新アプリにストリームを取り込んだ。現在アルファ版がbDuleの名前で一般公開されているが、同アプリがサポートする2つのサービスのうちどちらか一方しか使っていない人でもチェックする価値がある。

近いうちに既存のデスクトップアプリとの機能比較を行うつもりだが、今のところはSobeesが、Facebook/Twitterのクライアントを語るうえで外せないだけの価値があるとだけ言っておこう。上に挙げたアプリの殆どと同じく、bDuleも少々メモリ食いで、遅く感じることもあるが、ユーザーインターフェースはかなりよく考えられていて(1クリックで別のテンプレートに切り換えられるのがよい)、やるべきことをしっかりやっている。

Windows/.NETのみ、というのが実に残念だ。この種のアプリを待っている人は多いに違いないのだが。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)