AppleはTwitterのメンテナンス日にiPhoneアプリをテストして不良品と烙印

次の記事

SocialMediaが新インタラクティブ広告を発表。IDGがパートナーに

img_0012-2

AppleはiPhoneアプリを拒絶するためのアホな理由を山ほど在庫しているが、その中のthe mostアホはTwitterを拒絶したときのやつだろう。数か月前にAppleがiPhoneの人気アプリTweetieを拒絶したのは、最新トピックの中で汚い言葉が使われていたからだが、これは言うまでもなくアプリ自身が制御できる問題ではない。そして今日(米国時間5/11)はまた、あるアプリがTwitterのせいで拒絶されたようだ。ただし今回は、Twitterの定期メンテナンスの日である金曜日(米国時間5/8)に検閲され拒絶されたらしい。

デベロッパのKuan Yongは、彼のアプリTweetspotterの拒絶を知らせるAppleからのお手紙をもらった:

Hello Kuan,

貴殿のアプリケーションTweetSpotterは現時点ではApp Storeに乗せることができません。なぜなら、貴殿のマーケティング素材またはリリースノートに書かれている機能が、達成されないからです。アプリケーションは、iPhone SDK Agreement section 3.3.5に明記されているように、iPhone Human Interface Guidelinesに準拠していなければなりません。

ユーザは、提供されているデモ用アカウントを使ってサインインできませんでした。添付のスクリーンショットをご覧ください。しかも、複数のTwitterアカウントを使ってみてもユーザはサインインできませんでした。このテストは、iPhone OS 3.0 Beta 5が動いているiPhone 3Gの上で行われました。

あなたのアプリケーションがApp Storeで再び検討されるためには、この問題を解決のうえ、新しいバイナリをiTunes Connectにアップロードしてください。

問題解決のために手助けが必要なら、Apple Developer Technical Supportが個別のコードレベルの質問に対しマンツーマンで直接サポートいたします。クラッシュしたときのログ、スクリーンショット、および問題を再現するためのステップを添えていただくようお願いいたします。

Yongはこのお手紙にAppleが添付した画像も送ってきた。そのタイムスタンプを見ると、そのときTwitterは金曜日の定期メンテナンスを終わってからもまだまだ長時間、Fail Whale中だったんだ。

iPhoneの画面に出るCannot sign inのメッセージでは、メンテナンス中であることが分からないから、Appleを責めることはできないが、でもサービスがダウンしていたら別の時間にもう一度トライすべきだよ。一度だけで拒絶するのは、ひどい。Yongは、アプリケーションにはまったく問題ないから、どこも変える必要がないと言っている。しかしそれでも、彼は同じアプリを再度提出して、検閲が終わるまで数日待たなければならない。

とにかく、特定のサービスを使うアプリケーションを、そのサービスのダウンタイムにテストするのはアホ。Twitterは今日(米国時間5/11)もメンテナンスをやる予定だったが、それを延期したらしい。それはNASAのミッションがつぶやきを送るかららしい。次のメンテナンスの日は公表されていないが、聞くところによると水曜日(米国時間5/13)らしい。iPhone用のTwitterアプリケーションを手がけているデベロッパは、水曜日にはリビューしないで!とAppleに頼まないといけないね。そうしないと、頭の痛いことになるよ。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)