phil schiller

[CG]スティーブ・ノートがスティーブ・ノートでなくなるとき・・・

次の記事

まだHotmail、Yahoo Mailなどを使っているユーザーにお知らせ―Gmailへの乗換がものすごく簡単になった

スティーブ・ノートではなくシラー・ノートだ。6月8日10時のWWDCキーノートはフィリップ・シラーが行なうことをアップルが明らかにした。我々人間どもに語りかけるのに、雲の上の存在が不可能になったときは、それに代わるのが彼の出番になってしまった。

アップルでは霊的磁場が目をくらますほど強いので、クパチーノの鉛を張った会議室にはいるのに、エンジニアたちが特別の防護服を着用しなければならないことを知っているだろうか。そこで唯一の存在、星々に死を与え、生けるすべてに命を与える唯一の存在に新しいプロジェクトのアイデアを説明しなければならないのだ。

アップルのワールドワイドデベロッパカンファレンス、6月8日(月)に基調講演で開幕

2009年5月13日、アップルは本日、恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)が、6月8日(月)午前10時(米国西海岸時間)から始まる基調講演で開幕します。アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーを始めとするアップルのエグゼクティブたちが基調講演を行ないます。WWDCでは、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムであるiPhone™ OS 3.0と、世界最高のデスクトップオペレーティングシステムをさらに強化、洗練させ、将来のMac®イノベーションの基礎となる、Mac OS® X Snow Leopard™の両方について、詳細なセッションが提供されます。

「昨年6月には、Mac OS® X Snow Leopardの土台を形成する強力な新技術の早期開発段階をお見せしました。今年のWWDCでは、Developer Previewリリースの最終版を提供いたします。デベロッパの皆さんには、我々がSnow Leopardをどれだけ大きく進歩させたかを見ていただけるとともに、製品版のリリースに向けて協力していただけるものと思います。」と、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、バートランド・サーレイは述べています。

Snow LeopardとMacのテクニカルセッションでは、オペレーティングシステムへの何百もの改良点が紹介され、64ビットアーキテクチャ、QuickTime® X、次世代マルチコアおよびGPUプロセッササポート、それに驚くべき新しいアクセシビリティー技術など、Snow Leopardの新技術について詳細な説明が行われます。iPhone OS 3.0のテクニカルセッションでは、デベロッパがiPhone OS 3.0 SDKやiPhone OS 3.0のための1,000以上の新しいAPIについて、できるだけ多くの知識を得ることができるよう、入門的なコンセプトから上級コンセプトまで幅広くカバーされます。

WWDCは、参加者とアップルのエンジニアが一緒にコードレベルの問題を解決したり、開発技術について新たな知識を得たり、インターフェイスデザインについて専門家のアドバイスを得たりすることができるユニークな機会を提供します。

WWDC 2009ではこれ以外にも以下のようなアクティビティーが予定されています。

・アップルのエンジニアによる、iPhone OS 3.0およびMac OS Xテクノロジーの開発、デプロイメントおよびインテグレーションのための広範な具体的技術トピックについての100以上のテクニカルセッション。
・1,000人以上のアップルエンジニアによる、アップルの最新技術の紹介と、ハンズオンラボでの一対一でのアドバイス。
・世界各国から参加する何千人ものiPhoneおよびMacデベロッパとの交流機会

[原文へ]

(翻訳:shiro)