プライベートベータ公開30日で4億人の「顔」を認識したFace.com(招待追加)

次の記事

PUMP―YouTubeその他のビデオサイトの一括検索とダウンロードが簡単にできる

オンラインで写真を検索、分類して見つけ出すにあたって、顔認識の機能が欠くべからずものとなりつつある。30日前にFacebookアプリケーションをプライベートベータで公開したFace.comも、この顔認識の技術に挑むものだ。このアプリケーションでは利用者および利用者の友人の写真を調べて、写真で利用されているタグを把握する。そして他の写真に同じ人が出てくれば自動的に認識してタグを付けるというものだ。

30日間でFace.comでは4億枚の写真をスキャンして70万人を認識した。最初に登録した数千のベータテスターの写真からの成果だ。同サービスは未だプライベートベータではあるが、新たに100人を招待してくれている。

Face.comの動作精度は驚くほどのものだ。もちろんおかしな誤認識をすることもある。たとえば上に掲載したピエロの写真だが、このピエロは47%の確率でTechCrunchのライターであるMGと同一人物だというのだ。そんなわけはない。そんなわけはないはずなんだが、MG、もしかして君なのか?

原文へ

(翻訳:Maeda, H)