カーネギーメロン大学におけるEric Schmidtのスピーチ(動画あり)

次の記事

Yahoo Mobile、iPhone向けに注力して、他機種向けの開発を停止

GoogleのCEOであるEric Schmidtが、昨日(米国時間5/17)カーネギーメロン大学で行われた第112期の卒業式で行ったスピーチをご紹介しよう(Via @CarnegieMellon)。

Schmidtは「FacebookおよびGoogle世代」と呼ぶ聴衆に対して述べたのは、過去、現在、そして未来のテクノロジーに関することだった。文化的習慣がいかに迅速に、そして根本から変わっていることに触れ、未来に生きることの大事さを述べた。意外な事にSchmidtはGoogle製品について語る以上にTwitterやFacebookについて多くの時間を割いていた。

Update:Domain Name Journalによると、Schmidtは本日フィラデルフィアのペンシルバニア大学における253期の卒業式でも、全く同じことを話したようだ。

主な発言を引いておく(英文):

“We got our news from newspapers, your generation gets it from blogs and tweets, and for those of you who don’t know, that’s not what you hear in zoos.”

“We thought ‘friend’ is a noun, you think it’s a verb.”

“You cannot plan innovation. You cannot plan invention. All you can do is try very hard to be at the right place and be ready.”

“How should you behave? Well, do things in a group. Don’t do things by yourself. Groups are stronger, groups are faster. None of us is as smart as all of us.”

“You’ll find today is the best chance you have to start being unreasonable, to demand excellence, to drive change, to make everything happen.”

原文へ

(翻訳:Maeda, H)