エベレストからもTwitter! 地上最高度からのTwitterメッセージ

次の記事

GPSを使わず位置情報を活用するエンタテイメントガイドサービスのbuzzd、BlackBerry版アプリケーションを発表

Gavin Bateというアイルランド人登山家がエベレストに登頂しつつ、世界最高峰に挑む様子をTwitterで伝えている。Bateの登山目的はMoving Mountainsというチャリティで、37日間登山を続けており(米国時間5/18現在)、同時に状況や位置情報、彼の作成しているポッドキャストへのリンクなどを投稿し続けている。またブログの更新も行っている。

酸素も薄い中、分厚い手袋をはめてTwitterの発言を打ち込むのはなかなか大変なことだろう。ブログ記事の中で、呼吸はボトル入りの酸素で行っており、頂上からもTwitterに投稿するためにノートパソコンを持って登頂するつもりだと書いている。彼は他にも下界と繋がり続けるための種々のガジェットを携行している。携行品はソーラーパネル、ビデオカメラ、電話、ノートパソコン、衛星アンテナ、カメラ、および衛星追跡装置などだ。

Bateは経験豊富な登山家で、過去四度、エベレストの登山経験がある。但しまだ頂上に立ったことはない。Twitterにメッセージを書いたり、ポッドキャストを投稿するのには衛星電話を利用している。先日のTwitterメッセージには、頂上近くのGPSによる位置情報があった。24時間以内に頂上に達する見込みだとのこと。

Bateはまた、エベレスト山頂上からのTwitter発言をチャリティのためにEbayで売りにも出していた。結局この権利はBateのスポンサーのひとつであるWoolworthsが入手した。Woolworthsがいくら支払ったのかは明らかでないが、オークションページには13,500ドル程度を希望する旨が記されていた。Bateのエベレスト登頂による今回のチャリティは、すべてネパールおよびケニヤの開発のために寄付される。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)