¡Nuevo!:GoogleがGmailのメッセージも翻訳可能に

次の記事

Jimdo、株式の30%をUnited Internetに売却。ウェブサイト編集ツールをライセンス契約

Gmail Labsの豊富な機能群にまたひとつ、ちょっといいツールが加わった。メール文の翻訳だ。Google Translateを使って、別の言語で受け取ったどんなメールでも、自分が理解できる言語にGmailが翻訳してくれる。

メッセージを何語に翻訳するかはGmailが候補を出してくるが、別の言語を選ぶこともできる。

メールのスレッド中にGmailユーザーがいる場合は、スレッド全体を多言語にして、各参加者がいちばん得意な言語で読めるようにできる。Google Translationがいつも完璧な翻訳をするわけではないことはGoogleも認めているが、メールの内容をざっと理解するためには役に立つ機能だ。

Google Translateのプロダクトマネージャー、Jeff Chinはこの機能について、これまでGmail Labsが出してきた多くの機能と同じく、「クラウドコンピューティングのパワー」を生かしたものであり、Gmailの全ユーザー規模でこのツールを使うために、サーバーを買う必要も、ソフトウェアをインストールすることも、各アプリケーションに組み込むためのコードを書く必要もないと語る。また、Google Translateがあらゆるユーザーのために何十億という単語を処理することができるのも、クラウドのおかげだとChinは言っている。さらにこのアプリケーションは、新しい言語をすばやく追加することが可能で、ユーザーに迅速かつ効率よく最新情報を伝えるという。

Gmail Labsは最近、ほかにもいくつか便利な機能として、メールと連絡先のインポートができるようになったほか、Gmail内でのウェブ検索検索候補の表示などを追加している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)