Google ReaderにFeed Bundle機能追加―簡単におすすめフィードのバンドルを作って共有できる

次の記事

TwitVid、ビデオ版のTwitPicを目指す

picture-101一般ユーザーがフィードリーダーを利用する上でいちばん妨げになっているのは購読すべきフィードのセットを作るのが面倒なことだろう。もちろん誰か他のユーザーのOPMLファイルをインポートすればいいのだが、そんなことを言っても普通のユーザーには何のことやらちんぷんかんぷんで、とても利用できそうにない。Google Readerの“Browse for stuff”エリア〔Top Recommendationの下のView Allリンクを開く〕はおすすめサイトのフィードを簡単に登録する方法だが、今までは、フィードの内容はあくまでGoogleが選んだものだけだった。しかし今日(米国時間5/21)から、GoogleReaderのユーザーは独自のオススメのセット(バンドル)を作成して共有することができる。

このバンドルを作るのは簡単だ。“Browse for stuff”でCreate a bundleボタンを押せばよい。バンドルに加えたいフィードを左側の一覧から選んで右側の窓にドラグ&ドロップするだけでよい。次にセットに名前と説明を入力すれば終わりだ。バンドルを共有アイテムに加えればGoogle Readerの友達のページに表示される。

これはたいへんスマートなアイディアだ。あまりITに詳しくない友人から「これこれのトピックではどんなフィードを購読したらいいか?」尋ねられることがよくある。これに返事をするにはいちいちオススメのサイトのリンクを収集しなければならなかった。しかし今度は何回かクリックするだけでオススメのフィードのパッケージが出来上がる。私は依然としてGoogle Readerのソーシャル化のコンセプトには納得していないし、TechCrunchITのSteve Gillmorがフィードリーダーについて、Twiiterのようなリアルタイムのニュース・ストリーミングの優位性を説いた記事にはもっともな点が多くある。しかし、役に立つ機能はそれとして評価したい―友達のバンドルを購読するというのはなにかちょっと語呂がよくないが。

picture-96

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)