Bingのお試しバージョンが一般公開, さあ使ってみよう

次の記事

Twitterのリアルタイム検索、“リアルタイム”が看板倒れになった

「ググる」と「ビンする」ではずいぶん響きが違うが、なにしろ今夜(米国時間5/31)から誰もがBingできる(Googleが動詞になるのには数年かかったが)。BingはMicrosoftが検索でも優位に立とうとする最新の取り組みだが、さきほど、“お試しサイト”が立ち上がった。Googleと違うのは、画面左にある検索ガイドだ。旅行、画像、ビデオ、地図、ニュース、ショッピングのようにカテゴリー分けされているのも目新しい。

こんなのを試してみよう:

  • 曖昧検索: “turkey”〔七面鳥またはトルコ〕(欲しいのは料理の画像やレシピか、それとも国の地図か? 画面左のトピックガイドで対象を狭めてみよう。)
  • 旅行検索: “SFO to JFK”〔サンフランシスコ国際空港からケネディー国際空港へ〕
  • ビデオ検索: “Simpsons”(サムネイルの上にマウスが来るとビデオが再生される。)
  • 画像検索: “Rollercoasters” (結果が多すぎて無限にスクロールする。)
  • 健康検索: “Sore throat”〔咽喉炎〕
  • ショッピング: “Digital SLR”〔デジタル一眼レフ〕(価格やブランドで整列(ソート)できるし、評価格付けやキャッシュバックも分かる。)
  • 地図: “BBQ”〔バーベキュー場〕(ユーザが住んでいる都市を自動的に判断して最寄りの場所を見つける。)
  • ニュース検索: “Bing” (これしかない!)

どうでしたか? あなたの独自の実験結果を、コメントで教えてほしいね。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)