Googleが、Bloggerのカスタム検索ボックスを改訂

次の記事

スマートフォンの時代。AppleとRIMで携帯電話の利益の大半を稼ぐ

Googleのブログ作成プラットホームであるBloggerが、カスタム検索ボックスガジェットのべータ版(Blogger in Draftとも呼ばれる)を終え正式公開した。この検索ガジェットを使うと、読者がブログ記事のほか、そこからリンクされたウェブページ、ブログロールにある他のブログ、さらには共有リンクリストのページなどを検索できるようになる。

Googleは当初このガジェットをBlogger in Draftプラットホームで公開した。これは、GoogleがBloggerの新しい機能やインターフェースのテストに使うためのバージョンをユーザーに開放しているものだ。Googleによると、検索ガジェットを改訂して、デフォルトを簡素化するとともに、ユーザーのブログの美的感覚や色と合わせられるようになったという。検索ボックスガジェットはAJAXによる検索APIを使用して作られており、またブログやブログリスト、リンクリストなどを更新すると、リンクのカスタム検索エンジンも自動的に更新される。

カスタム検索を使うと、読者がブログのコンテンツだけでなく、リンク先のページや人気のサイトなどのページも検索できるため、つながりのある、かつ焦点を絞った検索体験を得ることができるので、ブログにとって役に立つツールになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)