Google ChromeのMac版、Linux版、デベロッパー向けに公開―まったく未完成だが一歩前進

次の記事

MySpaceの元役員たちがBlue Rover Labsをもうすぐお披露目, 目下求人中

Mac版、Linux版のGoogle Chromeのリリースを待ち望んでいたユーザーにはちょっと微妙なニュースだ。今夜(米国時間6/4)、Googleは、両OS向けのChromeブラウザのデベロッパー版を公式に公開した。すでに誰でもダウンロードできるようになっている。残念ながら、まだSafariやFirefoxを捨てるわけにはいかない―今回発表されたバージョンは全然安定版ではなく、日常の使用に耐えるものではない。とりあえず、MacユーザーはドックにChromeのアイコンが表示できるようになったことだけで満足しなければなるまい。

Windows版以外のブラウザ分野でのGoogleの活動に詳しくない読者のために念のため書いておくが、実はかなり前からChromeの母体になったChromiumというオープンソースのブラウザが公開されていた。 以前われわれがテストしたところではMacでもLinuxでも処理は高速でけっこう安定していた。しかし一般公開できるレベルにはとうてい達していなかった。Flashを含めてプラグインに対応しておらず、通常ブラウザに必要な機能(たとえば印刷)の多くが欠けていた。

今回のデベロッパー版のChromeは基本的にはChromiumの看板を掛け替えただけのものだ。現在Googleが密かに開発しているはずの付加機能はほとんど実装されていない。依然、プラグインはサポートされていないし、印刷機能もない。

しかし、今日の発表を聞いて、Mac、Linux版のChromeの安定版が出るのはまだ先にしても、その方向への一歩前進ではあるという印象を受けた。残念ながら、いましばらく待つ必要があるようだ(少なくともGoogleはわれわれにあらぬ期待を抱かせないよう注意している)が、今回の発表はGoogleが新製品を発表する際の通常のチャンネルに乗ったことを意味する。つまりデベロッパー版、ベータ版、安定版だ。やっとその第1段階にたどり着いたわけだ。

Googleのp広報担当はこのバージョンのChromeについて、「頻繁なクラッシュその他のあまり愉快でない経験をする覚悟がなければダウンロードしないほうがよい」とまで警告している。しかし‘Chromium’ではなく、ちゃんとChromeというブランド名がついたブラウザのテストを始めたいなら、とにかくそれは可能になった。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)