世界ソーシャルネットワーク勢力地図

次の記事

Palm Preを本日手に入れられなかった人、ナイスな起動ムービーを見逃してしまったね

ウェブの世界でも、世界征服は一国ずつ成し遂げられていくものだ。Facebookは、長い間世界最大のソーシャルネットワークであり、まもなく米国内でもMySpaceを抜き去るだろうが、あらゆる国で最大のソーシャルネットワークになっているわけではない。上に貼ったVincenzo Cosenza作の地図はまるで陣取りゲームのRiskのようだが、これを見るとFacebookが全世界の西側を支配しているのがわかる。

AlexaとGoogle Trendのデータを使って、Cosnenzはその国で最も人気の高いソーシャルネットワークに基づいて国の色を塗り分けた。ライトグリーン色の国はすべてFacebookに属している。しかし、ロシア(V Kantakteが支配)、中国(QQ)、ブラジルとインド(Orkut)、中米、ペルー、モンゴル、タイ(hi5)、韓国(Cyworld)、日本(mixi)、中東(Maktob)、フィリピン(Friendster)などの国々には、今でも抵抗軍が立てこもっている。

Alexaは、すでにFacebookが米国内でMySpaceより大きいと考えているようだ。その通りなのかもしれないし、Cosenzaの使っているデータがよくないのかもしれない。いずれにせよ、こうして国別の市場占有状況をビジュアルに見られるのは大変有難い。comScoreのデータを使ったら、地図がどうなるのか気になるが、データの一部は、最近われわれが書いたソーシャルネットワーク評価モデルで見ることができる。

上の地図のインタラクティブ版を貼っておいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)