iPhone 3.0、プッシュ方式でIMの着信お知らせをテスト中(ビデオあり)

次の記事

SnapStream―テレビの全番組を検索して人気のキーワードを表示する

picture-35今日(米国時間6/10)、Appleは最新のiPhone 3.0ソフトウェアをテストしているデベロッパーに、新しいプッシュ方式の通知(Push Notification)サービスの最終的な負荷試験に協力するよう求めるメール(下にエンベッド)を送った。このテストのために選ばれたアプリはAOLのAIMインスタント・メッセンジャーだった。IMアプリはプッシュ式通知サービスがいちばん利用されるはずの分野なので、この選択は理屈に合っている。

プッシュ式通知というのは、ここ1年以上話題になっている。サードパーティーのiPhoneアプリにバックグラウンドで作動することを許可しないことから起きる不都合をある程度回避できる仕組みとしてAppleが開発していたものだ。AppleはiPhonアプリにバックグラウンド作動を許可しない理由として、セキュリティー、バッテリー駆動時間、パフォーマンスの低下、などの理由を挙げている。(しかしAppleでは将来はバックラウンド動作するアプリも許可することを考えている)。その代りに、Appleはデベロッパーにプッシュ・サービスを利用するよう求めている。これはある種のタスク(IMなど)をアプリが作動中でなくてもiPhoneで受け取れるようにする。

Appleが最初にこのPush Notificationサービスについて発表したのは一年以上前、 2008年のWWDCだった。当時Appleは「2008年9月ごろにはリリースされる」としていた。しかしその時期が過ぎてもAppleはおおむねだんまりを決め込んでおり、時折、「まだリリースの段階になっていない。発表の際には完璧なものにし上げられている必要がある」などと短いコメントを出すだけだった。MobileMeが問題を抱えたままリリースされて評判を落としたことを考えると、この慎重な態度は正解といえるかもしれない。そこでわれわれは延々と待たされた。そうして、ついに、Appleは6月17日に発表されるiPhone 3.0ソフトウェアの一環としてこのサービスが組み込まれることを発表した。

下のビデオでPush Notificationが実際にAIMのインスタント・メッセージで作動するところが見られる。注記:ビデオではインスタント・メッセージが送信されてからiPhoneで受信されるまでに時間がかかっているように見えるが、実際にははほとんど即時―1秒以下だということだ。

push

[thanks Kyle]

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)