YouTube:自分で選ぶ「広告」アドベンチャー

次の記事

ソーシャル協業プラットホームのCollectiveXがGroupsiteになって再スタート

user-choice-screenshot知ってのとおりYouTubeにとって広告は難物だ。多くのビデオの下にはオーバーレイ広告があるし、ストリーム内広告を作品の前や途中や後に流すテストも行われている。今日(米国時間6/15)YouTubeは、ユーザーがこうした広告と関わるための新しいやり方のテストを開始する。

「ごく一部のビデオ」でユーザーは、作品が始まる前に「宣伝ビデオ」(宣伝してもらうために誰かがYouTubeに金を払ったビデオ。つまりは広告)を1本見るか、作品途中でストリーム内ビデオをいくつか見るかを選択する。そして、長いクリップ1本を選ぶと、どのクリップを見るかを選べる。残念ながら「見ない」という選択肢はない。

冗談はともかく、これは広告を打つ方法としてはちょっと面白い。プレロール広告1本の方をわざわざ見たいと思うユーザーが多勢いるとは想像できないが、プレロールか、ストリーム内広告かを選ばせるのはうまいと思う。Huluも似たようなオプションをテストしているが、私は見たことがない。私なら、番組や映画の前に長い広告を1本見る方が、途中で割り込まれるより断然いい。

もちろん、殆どの人たちがこのプレロールオプションを選んでおいて、完全に広告を無視するであろうことはわかっているので、YouTubeでも同じことが起きるかのどうかは見物だ。YouTubeでは、プレロール広告に評価をつけさせるらしいので、ユーザーがどれを見るか選ぶ時に、評価の高いものを見ることが多くなるのかもしれない。なお、こうした宣伝ビデオは、少なくともまったくの広告というではなく、何があっても自分のビデオをバイラルに広めたくて、そのために金を払ってもいいという人の作品という場合もある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)