ニュース
adwhirl

iPhone上の動的広告プラットホームAdWhirlが$1Mのシードを獲得…デベロッパ同士のクロスプロモーションが流行のきざし

次の記事

OTOYのデモビデオ2本: まだ信じられない人はぜひ見てね

iPhoneデベロッパを複数の広告ネットワークに結びつけるAdWhirlが、Foundation Capitalと数名のエンジェルたちから、でっかく$1M(100万ドル)のシード資金を獲得した。4月にロンチした AdWhirlは、iPhoneデベロッパが抱えるある単純な問題を解決する。iPhoneアプリケーションが利用できる広告ネットワークはApp Storeのロンチ以来増えているが、デベロッパにとっては広告ネットワークを変えるのが難しい。別の広告ネットワークに変えたら、アプリケーションを更新しなければならず、Appleの承認が得られるまで数日から数週間を要する。

AdWhirlを使うと、デベロッパはアプリケーションのランタイムに広告ネットワークを簡単に変えることができ、しかもそれを新しいアプリケーションとしてAppleに申請する必要がない。このサービスは現在、AdMobQuattro WirelessVideoeggJumptapなど計5つの広告ネットワークをサポートしていて、近くMillenial MediaとGoogleのAdsenseも加わる。過去2か月でAdWhirl(ロンチ時の名前はAdRollo)を利用した広告掲載者(アプリケーションまたはデベロッパ)は約1000、iPhoneやiPod Touchのユーザに無料アプリケーション上で掲載した各月の広告表示回数は10億を超える。

デベロッパはAdWhirlを無料で利用でき、広告ネットワークを一定のサイクルで切り換えていくためのプラットホームになる。また、そのときのCPMのいちばん大きな広告ネットワークに自動的に切り換える指定もできるから、より大きな収益を追うこともできる。さらに、現在使っているネットワークの広告在庫が切れたら、自動的にほかのネットワークの広告を入れる機能もある。人気の高いアプリケーションでは広告切れは大きな損失になるが、AdWhirlを使うとそれを防げる。デベロッパ自身が作った広告を掲載のサイクルに含めることもできる。

iPhoneデベロッパは、広告の掲載から相当量の収益を上げることができる。AdWhirlの協同ファウンダの一人であるSam Yamによると、ユーザがアプリケーションを使うたびに3ないし5回は広告表示の機会がある。参加性の高いアプリケーションでは、もっと多い表示機会が得られる。AdWhirlが最近発表した報告書によると、無料アプリケーションの上位100種で1日に合計400ドルから最大で5000ドルの広告料金を稼いでいる。最低の400ドルで計算しても、月額は12000ドルである。そしてこれらの上位アプリケーションの平均では、eCPMが1ドル90セント(==1回表示で0.19セント)、CTR(クリックスルーレート)が2.6%だ。

協同ファウンダのYamとRa Roathによれば、最近ではこのプラットホームを使ってほかのアプリケーションのクロスプロモーションを行い、それらのアプリケーションリスト上のランクを上げようとするデベロッパが増えている。Yamによれば、この動きを通じてデベロッパたちが協働的なコミュニティを作り、お互いをクロスプロモーションしていく可能性がある。AdWhirlは今回得られた資金で、対応機種をAndroid、Blackberry、Palm Preなどにも広げていきたいと考えている。

[原文へ]

(翻訳:岩谷 宏(hiwa))