ask
answers.com
aardvark

Askが、Q&A検索もできることをアピール中

次の記事

SugarSync、ファイル同期をもっとソーシャルに

今の検索分野で、スタートアップや新商品の動きという視点からみて、最も活発な下位ジャンルの一つにQ&Aサイトがある。検索案件の中には主観的で、人間が答えた方がよいものもある。Yahoo Answersの成功がこれを証明しており、もっと良いQ&Aを作ろうと数多くの競合がひしめきあっている。AnswerbagWiki AnswersMahalo AnswersAardvarkHunchなどだ。そこで、元祖Q&A検索エンジンとも言える(人間が回答するということではなく、質問形式で検索することを促進したという意味で)Askが、ここでも質問して答えを見つけられることを、再アピールしている。

実際にはそれだけというわけではない。今日(米国時間6/17)同サイトではQ&Aタブを公開し、質問と答えの組、3億件からなる新しいデータベースにアクセスできる。このQ&Aデータは、ウェブをクロールして集めた結果をインデックス化したものだ。つまり、ある質問のベストアンサーを他のQ&Aサイトをクロールして見つけてくる、ということになる。ほかには、類似質問をまとめて最も意味のある回答を洗い出すために、セマンティックフィルターとクラスタリングフィルターを利用している。これはQ&Aサイトの検索エンジンというよりも、Q&Aサイトそのものだ。ただしユーザーはどの質問に答えることもできず、他の人たちが他のサイトで答えたものを検索することができるだけだ。

一見して、少々不満を感じる。一番いいQ&Aサイトはどこ?と質問したところ、Yahoo Answersが総意のようだったが、他の選択肢は見ることもできなかった。最新のQ&Aサイトは?と聞くと、たった1件、Yahoo Answersで誰かがQ&Aサイトの作り方を聞いた質問が出てきただけだった。

そもそもAskはMahalo Answersを検索しているのだろうか。そうであればこの質問(「Mahalo Answers以外にあなたが使っているか、試したことがあるか、面白いと思ったQ&Aサービスは何か?」)が見つかっていたはずだ。そこには25を越えるQ&Aサイトが並んでいて、その中の多くは私が聞いたこともないサイトだ(Afraid To AskAsk An OwnerBlurtitQuenchmarkなど)。

これは、私が試したいくつかの質問の答えがあまりよくなかったというだけではなく、Q&Aに純粋なアルゴリズムを適用すること自体が間違っている。この世に存在するQ&Aの数があまりに多いことは明らかだが、AskはさまざまなQ&Aサイトからあらゆるものを集めて最良の回答を見つけようとしている。しかし、Q&A検索で、ユーザーに新しい質問をさせなかったり、各ユーザー独自の回答によって結果を改善することができないというのは、Q&Aの本質を完全に見失っている。みんなが協力してみんなの質問のベストアンサーを見つけるのがQ&Aだ。少なくともQ&Aのスタートアップたちは、Q&Aのコミュニティーやインセンティブ (Mahalo Answers)、や機械学習システムやゲーム (Hunch)を作ったり、さらに信頼できる回答を得るために、ユーザーをソーシャルサークルに紹介する(Aardvark)などの取り組みを進めている。

こういうサイトが賢くなればなるほど、利用する人数も増え、中には個人向けの回答をしてくれる人も出てくる。どんな質問でも、正しい答えは質問した人によって異なる。Askは、1つか2つの回答が全員にとって正解だと思っている。

(上の写真はPhotoXpressの協力による)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)