i-アロマ―NTT Communicationsが30代女性向きの「香り通信」サービスのモニター募集中

次の記事

社員の報奨やインセンティブ業務を代行するI Love Rewardsが$1.6Mを調達

i_aroma_ntt_communications匂いを発散させるという技術は何十年も前から映画で実験されてきた。日本のテレコム界の巨人NTTの子会社、NTT Communicationsがこのアイディアを一歩進めたプロジェクトを始めた。NTTは、ウェブを通じて香りを送ることができるアロマ・コミュニケーション・システムを利用したサービスを発表した

NTT Communicationsは現在「i-アロマ」というサービスのモニタを募集している。テストは7月中旬から8月いっぱい続けられる計画。i-アロマはUSBで接続されるガジェット(高さ約15cm)で、6種類の香油が含まれており、オンランインで送られてくるデータに従って調合されて蒸散される。つまりこのマシンからはそのときどきで異なる多様な香りが漂ってくるわけだ。

360人の当選者は2種類のサービスのいずれかを無料で体験することができる。星時計のアロマメッセージはプロの占星術師と共同開発したもので、その時刻の惑星の状態にマッチしたアロマが発散されるという。ハッピーアワー Night & Dayはアロマセラピストが調合した各種の香りが体験できる。香りは多くのバリエーションの中からユーザーのライフスタイルと時刻に合わせて選択されるという。NTT Communicationsではこのアロマ・サービスのユーザーだけを対象にしたソーシャル・ネットワークまで用意するという力のいれようだ。

i_aroma_ntt_communications_b

NTTグループはどうやらこのアロマ蒸散テクノロジーの実用化に本気で取り組んでいるようだ。NTT Communicationsは昨年「香り通信モバイル」というアロマ・カートリッジを携帯電話に組み込む実験を行っている。また同社はすでに店舗用の香りを発散するデジタルサイネージシステムをリリースして話題になっている。映画その他さまざまな分野に「香り通信」を拡大しようと試みている。

今回のi-アロマは30代の主に独身女性をターゲットとして「香り通信技術」を適用したもの。モニター応募者は日本国内の居住者でWindows XPまたVistaマシンを所有している必要がある。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)