GoogleとFacebookのマイケル・ジャクソン関連グラフ

次の記事

「Bingでググろう」―このパロディービデオには笑った

michael-jackson-searches

他の主要なウェブサイトも同様だが、昨日、Googleもマイケル・ジャクソンの死に関する情報を探す人々の大波にのみ込まれた。 上のグラフはマイケルに関する検索量を時系列で表したもの。太平洋時間の午後3時を少しまわったあたりにピークが来ているのがわかる。世界中の人々がスーパースターの運命を知ろうとネットに殺到した瞬間だった。

Google blogにさらに詳しい記事がある。

アップデート:
上のグラフと同時間帯で、こちらはFacebook Data Team に投稿されたマイケル・ジャクソン関連記事のグラフ。



[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)