ニュース
リコー(企業)
quanp

リコー、ビジュアルなオンライン・ストレージ、quanpを米国展開

次の記事

ベンチャー投資家とファウンダのあいだに大きな溝–Mochi Mediaのお家騒動

logo_ricoh_quanpたぶん皆さんも私同様、、こまめにファイルのバックアップを取るのは面倒だと感じていると思う。いくら重要なファイルであっても、定期的に忘れずバックアップするのは時間を食うし、まったく退屈な仕事だ。

そこで今日(日本時間6/30)、quanp(クワンプと発音するそうだ)というサービスのベータ版が登場した。開発したのは日本のカメラ、事務機器等の大手メーカー、リコーである。quanpは個人にとって重要なあらゆるデジタルファイルを整理し、バックアップするためのセンターとなることを目指している。

Dropboxを始め、ファイルのバックアップと共有サービスはすでに数多く市場に出ている。quanpの特色は、ビジュアルなインタフェースによって、写真、音楽、ビデオ、PDFといったファイルのストレージと共有のプロセスが快適なものになっている点だ。リコーによると、主にアメリカのユーザー向けにリリースされた今回のサービスは当面無料版のみとなる。(3月から提供されている日本版のquanpには無料のトライアル版と2種類の有料版がある)。米国版は、カリフォルニア州クパチーノのRicohが運営する。

quanpサービスの仕組みはちょっとややこしい。しかし簡単に言えば、3種類のツールの組み合わせだ。

  • quanp.on (Windows版のみのオンライン・ストレージ用クライアント・アプリ)
  • quanp.net (そのブラウザ版)
  • quanp drop (デスクトップ・ウィジェット)

それぞれを簡単に紹介しておこう。

quanp.on
Windows版のみなのが残念だが、quanp.onはひとたびインストールしてしまえば(システム要件)、安定して動作する。ユーザーはファイルをドラグ&ドロップしてアップロードし、タグづけできる。アップロードされたファイルは美しい3Dインタフェースを通じて自由に呼び出せる。(リコーではこれを3Dビジュアル・ブラウジングと呼んでいる)。ファイルはウェブを通じて他のquanpユーザーと簡単に共有できる。

quanp_on_screen

quanp.net
残念ながらこのブラウザ版はアプリ版やウィジェット版と比べると機能的に見劣りする。すでに似たようなサービスが何年も前から提供されている。ただしWindows版に加えてMac版も用意されている。

quanp drop
quanp dropはカスタマイズできるアニメーションを利用したデスクトップ・ウィジェットだ。Mac版とWindows版がある(システム要件)。ユーザー登録を行うと、フォルダにファイルを加えるのと同様、このウィジェットにドラグ&ドロップするだけでファイルの共有ができる。quanpdropはAdobe AIRを利用しているので、事前にランタイムをインストールしておく必要がある。

quanp_drop

リコーでは「今回リリースしたツールは、主としてギークやパワーユーザー向けだ。サービスを一般ユーザー向けに改良していくため、皆さんからのフィードバックを参考にしていきたい」と述べている。試してみるのであれば、私はウィジェット版とアプリ版をお勧めする。リコーのquanp用Twitterアカウントはこちら。フィードバックは掲示板に投稿するか、メールを送る。

下のビデオにさらに詳しい情報がある。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)