Windows Mobile、まもなくApp Storeをデベロッパー向けに開店。果たしてモノになるのか

次の記事

Financial Times、iPhoneアプリケーションの提供開始をTwitterでアナウンス。アプリケーション画面はもちろんピンク

Microsoftは本日(米国時間7/14)ニューオリンズで行われる「2009 Worldwide Partner Conference」で、Windows Marketplace for Mobileプラットホームの本年中に公開に備え、世界中のデベロッパーに向けたモバイルアプリ開発プログラムを近く開始することを発表する予定だ。7月27日以降、世界29ヵ国の開発者たちは、このプログラムに参加し、Windows Mobile OS 6、6.1および6.5のためにMicrosoftが独自に開設するApp Storeに掲載するべく、さまざまなモバイルアプリケーションの開発に着手するよう奨励されることになる。

さて、Microsoftはどうやってデベロッパーたちをこのプログラムに参加するよう説得するつもりなのだろうか。モバイルプラットホームサービス担当のシニアディレクターであるTodd Brixによると、同社はすでにデベロッパーたちの興味をそそるに足りる位置にあり、特にMarket for Mobileが、Windows Mobile 6.x塔載の全機種をサポートすることになったので心配ないとのこと。

WinMo[Windows Mobile]の現在のポジションは、デベロッパーが活用できる既存のパートナーやISVによるエコシステムや、Windows Mobile電話機の無視できない市場シェアによって支えられている。Microsoftのハンドヘルド機用OSは、iPhoneやPalm WebOSやAndroidなどのプラットホームと比べて出来が悪い―Windows Mobile 6塔載のHTC S710と何年も格闘した私は知っている―と人がいくら思おうとも、このソフトウェアを塔載した電話機はこれまでに3000万台以上売れているのだ。

今日Microsoftからは他にもいくつか発表がある。ストアにはユニークで強力な販売計画を担うべき新しいカテゴリーが追加される。それはビジネスアプリだ。企業向け市場とMicrosoftは、長年切っても切れない関係にあるので、この分野に大きく力を注ぐのは当然だろう。他には、デベロッパーコンテストを開催し、アプリケーション認定料金の詳細が発表される。要するに年間登録費用としてアプリ1つにつき年間$99の登録料金がかかるのだが、各デベロッパーの最初の5本のアプリは、2009年末までに申請すれば無料になるというものだ。Microsoftは有償アプリが生んだ収益の30%を徴収するが、これはAppleがiPhoneアプリに課しているのと同じ比率である。

Microsoftのこの分野への参入は異常と言えるほど遅い、Windows Mobileプラットホームには、既に2万本のアプリケーションがあると言われながら、アプリケーションストアは今年の終り(12月らしいという)まで開店しない。Marketplaceが使えるようになるのは、WinMo 6.5ユーザーが今年の秋、6.0と6.1のユーザーは年末になってからだ。Microsoftは、Appleが1年前にApp Storeで成功したことを認め、その後追いをしているにすぎない。以前同社は、認定アプリケーション600本を揃えて秋にはスタートする予定であると言っていた

一方Googleでは既にAndroid Marketが動き始めており、RIMにはApp World for BlackBerryがあり、PalmはApp Catalog store開始し、最近ではNokiaがOvi Storeを開店している。なんと、電話機メーカーのLGさえもが、昨日Windows Mobile塔載機用アプリケーション1400本をと共に独自のApp Storeを立ち上げてMicrosoftを出し抜いた。

MicrosoftがMarketplace for Mobileを何とか立ち上げた頃、果たして人々がこれを、遅すぎた巻き返し策ではなく、レッドモンド発の差別化商品であると認めてくれるのか、興味のあるところだ。みなさんはどう思われるだろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)