Googleマップのマーカーがリアル世界に出現

次の記事

Facebook、公式ユーザー数2億5000万人突破

imageGoogleマップのあの涙滴をひっくりかえした形のマーカーはご存じだろう。どうやら世界各地にこのマーカーの実物が出現し始めたらしい。このGoogleマップの「私の好きな場所」を見れば、どこにあるかがわかる。

これを見ると既にサンフランシスコには山のようにマーカーがあるらしい。一つ(たまたまウチの近所だ)は写真に写っている。見ての通り、サンフランシスコ市長のGavin Newsomには自分専用のGoogleマップのマーカーがあり、彼が地元のレストラン、La Boulange de Polkのファンだということを示している。Newsomのマーカーには、ゴールデンゲートブリッジの絵があしらわれており、他の有名人にもそれぞれ専用のマーカーがある。

像には「Summer 2009」と書かれており、これは何ヵ月かのうちにGoogleが徹去することを意味しているようだ。しかし、それまでの期間、これはGoolgeがマップを宣伝するのに非常に賢いやり方だと思う。また、(おそらく)無料で店を推薦してもらえることになるこのマーカーを、もらえるかもしれないということで、店に対してマップに登録するよう仕向けるためにも良い方法だ。

このプログラムには、気に入ったレストランを推薦してくれる何人もの有名シェフや、Kevin Rose(Diggの共同ファウンダー)、ミュージシャン(Decemberistsのギタリスト、Moby)をはじめ世界中の有名人が多数参加している。

こういったものの出現は、2001年宇宙の旅で、モノリスが進化のシフトを示していたのと似ているのかもしれない。

image-1

picture-75

2001-04

アップデート:サンフランシスコのBlue Bottle Cafeにも。[写真提供:flickr/Jeremy Franklin:

3723941871_ae07a11891_o

3723933213_5fd91a6229_o

アップデート2: ここにも一つ。TwitPic経由で:

17538922

アップデート3: Googleからこの機能について正式の発表があり、それについてのビデオが公開された。:

Mattにサンクス]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)