socialseek

Socialseekは企業や製品のソーシャルな評価評判をネット全体にわたって追跡調査する

次の記事

Twitter秘密文書公開―「地球の鼓動を伝えるプラットフォームを目指す」

Socialseekが今日(米国時間7/17)リリースしたデスクトップアプリケーションは、ユーザが指定したトピックやアイテム、ブランド、企業などなどを、いろんなニュースサイトやブログ、Twitter、YouTube、Flickr、それにいろんなイベントの中から探してくれる。また、特定の検索クェリの頻度(Web全体またはTwitterの上)を都市別に分類して、その話題の都市別の人気度をグラフで見せてくれる。

企業や製品などの言及や登場・出現をソーシャルメディアのサイトやWeb全体にわたって探し出す機能はありがたいが、Socialseekでいちばん便利なのは、Flickrのような画像サイトや、各種のイベントサイトまで探しまくることだと思う。また、おしゃべりの中に言及/出現を探す範囲を、特定の地域や都市に限定できる機能もおもしろい。

Socialseekはとくに、企業のマーケティング部門が重宝するだろう。今ではTwitterが、企業にとって無視できないマーケティングツールになっているのだから。このアプリケーションはAdobe Airを使っているが、そのせいかどうか、UIにおかしな振る舞いやバグがあり、またコンピュータのリソースを大食らいする。Socialseekの競合サイトには、ViralheatPeoplebrowsrがあり、どちらも人物や製品をめぐるおしゃべりをソーシャルメディアやWebサイト上に探してマーケターたちを助ける。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))