プライスレスな思い出をくれるマスターカードのiPhoneアプリケーション、プライスレス

次の記事

リアルタイムWebはソーシャルな顧客関係管理(Social CRM)の到来を告げ, 動的な関係性構築のないマスメディア広告は非力化

picture-216マスターカードがPriceless Picks(特選プライスレス)というiPhoneアプリケーションを出すと聞いて、最初はつまらないPRかと思った。いざ見てみると、確かにPRはPRだが、これが結構面白いものになっている。

テレビを観たことのある人なら、きっと「プライスレス」の広告を何種類も観たことがあると思う。「買ったものは5ドル、得た思い出はプライスレス」というようなCMをひとつは覚えているだろう。そう、これがiPhoneアプリケーションとなって登場したわけだ。

但しこのアプリケーションはCMに登場する「プライスレス」なシーンを紹介するものではない。それではちょっと役立たずなアプリケーションになってしまうかもしれない。そうではなく、これはソーシャルアプリケーションで、いろんな人が身近な場所で気に入っているスポットを紹介するためのものだ。アプリケーションではiPhoneの位置情報サービスを使って現在地を特定する。そしてその情報に基づいて、他の利用者が登録した場所を地図上に表示するのだ。

こう書くと平凡でつまらないアプリケーションに思えるかもしれないが、実際のところなかなかよくできている。現在地の周囲のスポットを鳥瞰モードでも、ストリートビュー風のモードでも見ることができる(残念なことにiPhone 3GSに搭載された新しいコンパス機能を使って動きに応じて地図も動くようにはなっていない)。色つきの吹き出しで表示されるところをタップすると、ズーム表示となり詳細が表示される。

picture-118登録されている場所のそれぞれには、アプリケーション上で「興味なし」とフラグを付けたり、友人に送ったりすることもできる。また期間限定の情報については期限も表示されるようになっている。

自分で情報を登録する場合には「+」ボタンをクリックして、詳細情報を入力するだけで良い。追加する情報には現在地が自動的にタグ付けされる。

このアプリケーションは人気を集めるだろうか。それはわからない。しかしマスターカードが強力に展開するCMの中でプロモーションすれば、多くの旅行者がこのアプリケーションを使って、旅行先での情報を得ようとすることだろう。

この「プライスレス」アプリケーションは、看板に偽りなく「プライスレス」、つまり無料で提供されている。アプリケーションのダウンロードはこちら

原文へ

(翻訳:Maeda, H)