企業のソーシャルメディア利用状況と収益成長率

次の記事

YouTube、3Dウェブビデオを実験中

大企業でソーシャルメディアを有効に活用しているのはどこだろうか。Altimeter GroupのCharlene LiおよびWetpaintが、有効に活用している100社を発表した。レポートは記事末尾にも掲載しているし、またENGAGEMENTdbで読むこともできる。このサイトはもちろんWetpaintのサイト構築ツールを用いて作成されている。

この分析はトップ100の企業がブログやFacebook、Twitter、ウィキ、あるいはフォーラムなど10種類以上のソーシャルメディアにおける活動状況によって採点を行っている。トップはスターバックスで127ポイントとなった。得点トップ10は次の通り。

1. Starbucks (127)
2. Dell (123)
3. eBay (115)
4. Google (105)
5. Microsoft (103)
6. Thomson Reuters (101)
7. Nike (100)
8. Amazon (88)
9. SAP (86)
10. Tie – Yahoo!/Intel (85)

そしてこのレポートでは、利用しているソーシャルメディアの種類数に応じて、企業を4つのタイプに分類している。最も多く利用している企業を「大御所」、利用数の少ない企業を「壁の花」に分類している(マクドナルドやBP等がこれにあたる)。また本レポートは、ソーシャルメディアの利用具合と収益成長率の関係についても言及している。曰く「大御所」はこの12ヵ月で収益を平均18%伸ばしており、「壁の花」は6%の低下となっている。しかしソーシャルメディアの利用具合と収益の間に関係性があるかどうかについては疑問を感じている。成長しつつある大手企業が、より多くソーシャルメディアを利用しているということに過ぎないように思える。


ENGAGEMENTdb: Most Engaged Brands On Social Media

原文へ

(翻訳:Maeda, H)