ipod

[CG]中国から送られてきた新iPodケースの画像からわかること

次の記事

ウェブ閲覧にも「ソーシャル」のパワーを注入するGlue、レコメンド機能およびFacebookコメントの機能を追加

ipod_nano_5_blkrbr

新iPodの新しいケース画像が登場すると新iPodのウワサも大きくなる。ケースの中央に穴があいていればそれはカメラということだ。で、ネットは大騒ぎというわけ。個人的はちゃちなカメラが出たからといって騒ぐ気にもならない。どの電話にもついているちゃちなカメラと同じで、どうせ使いはしないのだから。

ともかく、Cult of Macは(いささか怪しい)アメリカの再販店のフリをして、中国のアクセサリメーカーから新iPodケースの写真をしこたま送らせたようだ。その会社のひとついわく:

当社は寸法について完全な情報を有しています。ご参考までにいくつかの画像とトリセツを同封しました。サンプルは即入可能です。品質チェックのためサンプルがご入用でしたらお知らせください。

どうやら中国では公然の秘密らしくちゃんとした情報のようだ。新しく変わった点は何かというと、最大のものはiPod Nanoがワイドスクリーンになったこと。縦横比は16:9ではなく、写真で標準の3:2だ。Nanoを横向きに構えれば普通の小型カメラと同じになるところがいい。ただしピンホールレンズではたいした画質は期待できないが・・・

要すればナノスクリーンというわけだが、目新しいのはレイアウトの変更だけか。わかっているのはこれで全部だ。

[注:たくさんの画像は原文でごらんください]

[原文へ]

(翻訳:shiro)