Adaptive Payments API公開でPayPal送金システムをアプリに簡単に組み込めるようになる

次の記事

Twitterが企業向け展開の第一弾として"Twitter 101"を立ち上げ

昨日(米国時間7/22)公表されたebayの第2四半期の財務報告によると、オークション・ビジネスにはあまり大きな動きがなかったものの、同社の売上は引き続き増加中だ。これはPayPalとBillMeLaterのオンライン支払サービスの成長が続いていることによる。両事業とも第2四半期に11%の売上の伸びを記録している。登録ユーザー数は、7540万と対前年比で20%の増加だ。この明るいニュースに引き続いて、PayPalは今日、サードパーティーがアプリケーションに組み込んで利用できる支払システム、AdaptivePayments API(われわれは数週間前にもこの記事で紹介している)を正式に告知した。この新プラットフォームは11月にデベロッパーに対して一般公開されるが、それ以前にベータテスターを受け入れることになるものとみられる。

新しいAPIは簡単にいえば、デベロッパーにPayPalの全機能へのアクセスを提供するものだ。これにより、デベロッパーにとって、送金を受け取り、分配する機能をアプリケーションに組み込む自由度が格段にアップする。PayPalの社長、Scott Thompsonは「デベロッパーは事実上PayPalプラットフォームに存在する機能をすべて自由に利用できるようになる」と述べ、またPayPalが世界的ネットワーク(19の通貨をサポート)であることの重要性を強調した。Thomsonによれば、PayPalシステムは1年365日、毎秒$2000の送金を処理しているという。今回のAPIのリリースでデベロッパーは世界のどこにいてもPayPalの強固なセキュリティーを利用した送金機能が利用ができることになる。

Adaptive Payments APIは、既存のAmazonのFlexible Payments Service (FPS)と非常によく似ている。どちらも送り手から一人または複数の受け手への送金を処理するシステムだ。Adaptive PaymentsとFPSはほとんど同一といってよい。デベロッパーが複数の送金処理を単一の処理に集約する機能もサポートされた。これは従来のPayPalのサービス約款では禁じられていた機能だという。Amazon FPSにもこの集約機能がある。さらにPaypalのAdaptive Paymentsでは、これもAmazon FPSがすでに実現しているマイクロペイメント機能もサポートされると発表された。PayPalでは「われわれは主要なマイクロペイメントのチャンネルとなろうとしている」と述べたが、それ以上の詳細を明かすことは避けた。

Microsoftは、現在準備中のクラウド・コンピューティング・プラットフォームであるAzureで、デベロッパーがAdaptive Paymentsを利用してPayPalシステムをアプリケーションにシームレスに組み込めるようサポートするとしている。MicrosoftはPayPalと協力してデベロッパーが容易に課金や支払機能をアプリケーションにエンベッドできるよう、AzureとAdaptivePaymentsの相互運用性の確保に向けて努力している。〔以下英文〕

Some of the offerings of Adaptive Payments are sure to be attractive to developers. In what PayPal calls “Chained Payments,” developers can create applications that enable a sender to send a single payment to a primary receiver who may keep part of the payment and pay other, secondary receivers with the remainder of the funds. For example, an application might be an online travel agency that handles bookings for airfare, hotel reservations, and car rentals. The sender sees only the travel site as the primary receiver. But that site could allocate the payment for its commission and the actual cost of services provided by other merchants. PayPal would deduct the money from the sender’s account and deposit it in both the primary travel site’s account and the secondary receivers’ accounts.

PayPal has decoupled the approval process from the transaction, giving sellers more flexibility of how and when sender approval process can take place. PayPal says that over the next year, they plan to unveil more APIs to encourage developer to build of the platform.

Adaptive Payments will also offer “Parallel Payments,” which would let a sender send a single payment to multiple receivers. An example of this type of application might be a shopping cart that lets a buyer pay for items from several merchants with one payment. The shopping cart would allocate the payment to the merchants who actually provided the items. PayPal would then deduct money from the sender’s account and deposits it in the receivers’ accounts. Michael Ivey, founder and CEO of TwitPay, a way to send money over Twitter, is using PayPal’s Adaptive Payments API. Off of TwitPay’s payments platform, you can pay multiple recipients in one PayPal transaction.

LiveOps, an outsourcing marketplace and platform, is using the Adaptive Payments platform for several months. The platform uses PayPal to invoice; money is dynamically routed to workers from businesses. LiveWork says the advantage of using PayPal is that there is no credit card or financial information stored on LiveWork, with security being completely outsourced to PayPal.

PayPal says that pricing for Adaptive Payments will be announced in November. It’s unclear if the plan will be competitive with Amazon’s FPS pricing. The launch of the new API and services should surely heat up the competition between PayPal and Amazon (which bought Zappos yesterday). Amazon now has Amazon Payments and the beta of FPS, which allows more flexibility for developers than PayPal’s previous Direct Payments API offering. Now, PayPal has struck back with its own flexible API and is trying to engage the developer community to freely build applications off of its platform.

PI, so it should be interesting to see where developers go.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01