politico
newyorktimes

ジャーナリズムは再生するか―新New York Times私案

次の記事

iPhoneはAppleの正気と理性を奪ったか?

周知のように、ここ数年、印刷メディアの世界は崩壊しつつある。印刷メディアの優等生といえば、もちろんNew York Timesだった。そのNYTを最近立て続けに襲った試練については広く報じられている。2008年初めに、Marc AndreessenはNew York Timesの臨終を看取ると書いた。事実、その後のNYTの経営状況は悪化の一途をたどった。

もし仮に、NYTのトップ10%の記者が新しい会社を作ったらどうなるだろう? 私はその可能性を長らく考えてきた。そんなことが起きるわけがない?  そういわず、しばしこの可能性の検討につきあっていただきたい。

現在、NYTの株価時価総額は$1B(10億ドル)程度だ。5年前にはその5倍だった。今の株価水準は1980年代初めのものだ。

もちろん私はNYTが近い将来、閉鎖されるとは思っていない。年間売上は依然$3B(30億ドル)もあり、これは2005年から10%ダウンしただけだ。しかし9300人もの社員を抱えて、膨大な運営経費がかかる体質のままで利益を出すのは困難になる一方だ。ジャーナリズムの名門「灰色の貴婦人」にも年齢からくる衰えが隠せなくなっている。

ジャーナリズムは死なず―死ぬのは古いジャーナリズムだけだ

2週間ほど前、私がCharlie Roseショーでインタビューを録画したときに、やはり録画に来ていた政治ブログのPoliticoの連中と出会った。私はそのインタビューをスタジオでライブで見た。Politicoについては、Michael Wolffの書いたVanity Fairのすぐれた記事も読んだ。Politicoの記者は100人前後で、ホワイトハウス担当スタッフの数はどの大手メディアよりも多い。トラフィックはTechCrunchとだいたい同じくらい―月間ユニーク訪問者700万―だ。しかし歴史はわれわれの半分に過ぎない。どうやってそれほどの急成長ができたのだろう? このブログは、有名な政治記者たちが、所属するメディアを辞めて創立したスタートアップだ。創立者たち1人1人の実績を信頼して読者がブログについてきた。現在Politicoは黒字化している。収益の柱は、驚くべきことに、最近週3回発行し始めた印刷版だ。印刷媒体は(とにかくまだ)死んではいなかった。死んでいくのは高コスト体質だけだ。

一方、今日私はAOLの戦略について学ぶ機会があった。AOLは新聞や雑誌からレイオフされたジャーナリストを大量に雇い入れている。現在、AOLは1500人の記者と編集者を擁している。凋落しつつある旧メディアの各社はもっとも貴重な財産を投げ捨てている。そしてAOLは路傍に投げ出された財産を捨て値で買い集めているわけだ。誰も気づかぬうちに、AOLは世界最強のニュースメディアとなりつつある。

ジャーナリストには価値がある。優秀なジャーナリストには特に多大な価値があるのだ。

New York Times再生私案…

そこでNew York Timesに戻って考えてみよう。NYTの年間売上は30億ドル、月間ユニーク訪問者は1600万、ページビューは1億2400万(いずれもcomScore、2009年5月、全世界ベース)。社員は9千人以上。報道部門の社員は1200人で、うちライター(記者、批評家、コラムニスト)は400人前後。これにデスクなどの編集者が加わる。その数ははっきりしないが、フルタイムのライター、編集者は450人くらいだろう。

私はNYTをテクノロジー欄しか読んでいないが、経験から、トップの5%-10%程度の優秀な記者と編集者が商品価値の50%以上を生みだしていると思う。いちばん凄腕のデータマン。いちばん腕ききの記者。いちばん優秀なデスク。

もし、こういう連中、NYTのもっとも貴重な資産であるこういう人々が一斉にNYTビルを後にして、自分たちの会社を作ったらどうなるだろう?

New New York Timesはこうなる

この新しいNew York Times、あるいはNNYTがライター50人で発足したとしよう。世界でもっとも優秀なジャーナリストたちだ。そこでサラリーもトップクラスで年額$200,000程度としよう。つまり人件費は年額$10M(1千万ドル)―福利厚生費を入れて$12M(1200万ドル)。もちろん新会社のストックオプションが用意される。

TechCrunchの例で考えると、会社を運営するために必要な支援スタッフ(エンジニア、セールス、管理部門等々)の数はライターの20%程度だ(ただし各種業務をアウトソーシングした場合)。できるかぎり家賃の安いオフィスを借りたとして、家賃や光熱費、支援スタッフの人件費、福利厚生費などを合計して年額$3-4M(300-400万ドル)になるだろう。

これらの経費にさらに安全を見込んで50%を加えると、年間運営経費の総額は$25M(2500万ドル)になる。

つまり、世界で最優秀のジャーナリスト50人に十分な給料を支払うニュースメディアは年間2500万ドルあれば作れるのだ。この新メディアが月間訪問者1600万、ページビュー1億2400万を記録できるようになるまでにどのくらいかかるだろう? 5年? いやもっと短いのではないか?

もしこういった新NYTが誕生したとすれば、黒字化するまでに必要な資金(1億ドル前後)を供給する意思のあるベンチャー投資家はいるだろうか?

私は大勢いると思う。たとえば、すでに2つのブログに投資しているMarc Andreeseenなどは真っ先に手を挙げるだろう。すぐにも投資の用意があるヘッジファンドもいくつかあるはずだ。実は、私自身、上で述べたのとよく似たプロジェクトについてヘッジファンドから何度か話を持ちかけられたことがあるからだ。

もちろん、こういうことがNew York Timesで実現しそうだとは思っていない。トップの50人のジャーナリストと口で言うのはたやすいが、いったい誰が誰をどのようにして選ぶのか? 何人か勇気あるリーダーがいたとしても、全員をまとめていくのは至難の業だろう。しかしこうした計画はいつか必ず実行され、そして成功すると私は確信している。Polit
icoとAOLの試みがそのひとつだ。ジャーナリズムは必ず再生する。そのやり方を学ぼうではないか。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01