Googleの広告が左に偏向?

次の記事

ア・フュー・グッドメンの脚本家、アーロン・ソーキンがFacebookのモデル映画のシナリオを執筆中

Google検索の結果表示のページだが、最近なんだか狭苦しい感じがしないだろうか? 実は、従来、検索に伴うAdWords広告はページに右詰めで表示されていた。ところが最近、この表示位置が左に移動した。「見て! 見て!」と言わんばかりだ。これで実際クリックの数が増えるかどうかしらないが、目立つようになったことは確かだ。

広告は検索キーワードに連動してグループ化されているようだ。以前は(おそらくGoogleの創立時の遺産で)、Google検索の純粋性が汚染されるのを防ぐため、けがらわしい広告はできるだけ端の方に追いやられていたのだが。しかし今や、私の画面では広告がど真ん中に来ている。目を凝らしてようやく見える程度の極く薄い灰色の縦線が、広告と本来の検索の間を仕切っているに過ぎない。このデザインの変更はワイド画面が普及したことによるためかとも思うが、広告がいっそう目立つようになったことは確かだ。

Googleともあろうものがこんな些細な変更に頭を使っているのか?  いや、そんな愚かな疑問をもってはならない。Googleにとってクリック数は神聖にして欠くべからざるものだ。

アップデート: Googleの広報担当によると、ユーザーがインターネットで求める情報をできるだけ容易に発見できるよう、Googleでは常に新たなビジュアル・デザインを実験しているのだそうだ。広告を左に寄せたのもその一環だという。そうか、われわれのために良かれということだったのか。しかしわれわれはそんなにいつも広告を探して求めていただろうか?

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01