ニュース
Nokia(企業)
Microsoft / マイクロソフト(企業)

Microsoft、携帯版OfficeをWindows以外のOSに拡大―第1弾はNokia

次の記事

Facebook LiteはFacebookの軽量・高速版―TwitterやFriendFeedに対抗するものではない

今朝(米国時間8/12)、MicrosoftとNokiaはOfficeを始めとする生産性ソフトウェアをNokiaの携帯電話で利用できるようにするための広汎な提携を発表した。「この提携によって、われわれは初めてOfficeをWindows Mobile以外のOSで提供することになる」とMicrosoftのビジネス・デビジョンの責任者Stephen Elopは語った。Nokiaのスマート携帯は2億台出荷されている。Microsoftは最終的にそのすべてにOfficeなどをインストールしたい考えだ。

しかし当面、この提携によるOfficeの提供は、企業ユーザーを念頭において、ビジネス向けのNokia Eシリーズが対象となる。Nokiaの携帯では以下のようにMicrosoftのソフトウェアが利用できるようになる。

Microsoft Word、Microsoft PowerPoint、Microsoft Excel、Microsoft OneNoteのモバイル版による、多様なデバイスによるOffice文書の閲覧、編集、制作、共有。

Microsoft Office Communicator Mobileによる企業向けのインスタント・メッセージ、プレゼンス、会議・共同作業機能。

Microsoft SharePoint Server上のポータルを経由したイントラネット、エクストラネットへの携帯からのアクセス。

Microsoft System Centerを利用したデバイス管理。

しかしNokiaのデバイス担当執行副社長、Kai Öistämöは「この提携は単にOfficeとメールの利用にとどまらない」としている。コミュニケーションと生産性ツール(Office、IM、Sharepoint、OneNote)に加えて、この提携は、すべてのアプリをすべてのデバイス上で同期させるMeshも含めて、MicrosoftのさまざまなアプリをNokiaの2億台のスマートフォン上で利用することに道を開くものだろう。アップデート:残念ながら、Microsoftによると、この提携はOfficeだけが対象でMeshは含まれないとのことだ。

Nokiaとの提携はMicrosoftがWindows Mobileが携帯の世界を制覇することができなかったことを認めたものといえるだろう。Microsoftの携帯アプリをNokiaの膨大なビジネス・ユーザーに提供するというのは賢明な普及促進策だ。しかし、一方でこの提携は、iPhoneとAndroidに代表される新世代のスマートフォンによる包囲網に対する守旧派の同盟とも見られる。Nokiaとの提携によりMicrosoftはビジネス・ユーザーに魅力的なかたちでOfficeソフトウェアの提供ができるようになるだろう。

「これは携帯ブラウザの競争とは別の話だ。われわれが提供するアプリの豊富な機能は携帯電話の利用を再活性化する」」とElopは述べた。当面メールと生産性ツールから提供を始めるものの、将来はインスタント・メッセージ、プレゼンス管理、通話管理などの共同作業のためのツールにサポートが拡大される。また当面この提携はSymbianOSを搭載したNokiaの携帯のみが対象となる(新世代のMaemoは対象とならない)。しかし全体としてこの提携にはいささか後ろ向きの雰囲気を感じる。この分ではNokiaは近い将来Symbianを引退させるつもりはないようだ。

しかし、考えてみれば、携帯電話にアプリケーションを移植するのに企業提携が必要になるというのがおかしい。戦略的な思惑からMicrosoftはOfficeをAndroidやiPhone向けに提供していないが、そうしようとする場合でも、GoogleやAppleと提携する必要はない。なぜならAndroidやiPhoneは(相対的に)オープンなプラットフォームだからだ。そういった意味で、この提携はSymbianの古さをあらためて感じさせるものとなった。例によって、オープン化が遅すぎ、少なすぎる。携帯版Officeの投入をもってしてもSymbianの凋落をいつまでも止めておくことはできないだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01