ニュース
TypePad
Six-Apart
posterous

Six ApartがTypePadにマイクロブログ機能を装備, それはPosterousそっくり

次の記事

Google Chromeにブックマーク同期化機能が登場

マイクロブログは今の流行の一つなので、Six Apartも当然そのバスに乗りたい。そこで同社は主力サービスのTypePadに、‘マイクロブログふうのブログ’というものを加えた。単純に’マイクロブログ’でよかったのでは、とぼくは思うが。Posterousを知ってる人には、TypePadのやることを説明しやすいね。完全に同じだから。

TypePadのユーザがメールやiPhoneを使って記事やリンク、ビデオ、画像などを送ると、それがすぐにWebページになって公開される。またそのコンテンツを、Facebook、Twitter、FriendFeedなどほかのサービスに送ることもできる。まさにそれは、Posterousが昔からやってることと同じだ。新しい機能としては、TypePadにユーザ自作のテーマを加えられる。昨日(米国時間8/17)はそのためのテンプレートの第一弾としてPicoの提供を開始した。

ぼくの見るかぎり、Posterousとの唯一の違いは、TypePadサービスが提供する教育訓練と、ユーザのミニブログに広告を入れられることだろう。でも、無料のマイクロブログサービスはたくさんあるから、この有料のサービスを使う人はいるかな?

どうでしょうか?

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))