RateItAll

レビューコミュニティのRateItAll、メールによるレビューの登録サービスを開始

次の記事

Crimespotting:犯罪がこんなに美しく見えたことはない

一般の人々からのレビューや評価を掲載するレビューコミュニティのRateItAllに新機能が加わった。このサービスは「全てのものを対象とする分散型Yelp」を自認して1年少々前に約$1.4M(140万ドル)アーリーステージで調達している。本サービスに加わった新機能とはRateItAllのデータベースに、種々のレビューをメールで投稿することができるというものだ。CEOのLawrence Coburnは本機能を評して「レビューに使うPosterous」という表現をしていた。これはなかなかうまい説明だ。

使い方は非常に簡単だ。事前に利用者登録を行う必要もない。レビューしたいものをタイトルに記し、本文一行目に評価として星の数を書く。そしてそれ以降の行には自分のレビューを記載する。もし画像を利用したいなら添付することもできる。そのメールをreviews@rateitall.comに送るだけでOKだ。送ったメールの内容がRateItAllのサイトに登録される(サンプルはこちら)。投稿した内容は自動的に正しいトピックに割り当てられる(投稿したレビュー専用のメールアドレスも発行される)。必要であれば投稿後にいつでも内容を編集することができる。

本サービスについては本年初めにも記事を掲載している。その記事の掲載時、RateItAllはサイトをリニューアルしてAPIの公開も行った。広告収入をレビュー投稿者とシェアする方針も一助となり、利用者が増加しつつあった。

Competeのグラフによれば利用者は現在も続いて増加傾向にあるようだ(ただしCoburnはRateItAllへのトラフィックや成長率が低めに表示されていると述べている。その可能性はあると思う)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)