posterous

PosterousのiPhoneアプリ、やっと登場―要改良点あり

次の記事

Lunch.comがマイクロリビューを立ち上げ–世界をもっと良い場所にしたいという理想とのカンケイは??

TechCrunchはものすごくシンプルなマイクロブログ・サービス、Posterousのユーザーで大ファンだ。そいうわけで私は以前からPosterousのiPhoneアプリが登場するのを心待ちにしていた。正直言って、iPhoneのカメラで写真を撮ったら、メールに添付してPosterousの私のブログに投稿するという手順を毎回踏むのはいささか面倒だ。

先ほどPosterousの共同ファウンダーGarry Tanは、15日前に申請していたiPhoneアプリがとうとうAppleに承認され、App Storeからダウンロード可能になった((iTunesリンク)ことを発表した。

しかし残念ながら、このアプリにはぜひとも改良してもらいたい点がいくつかある。

もちろん、PicPosterousと名づけられたこのアプリは予告されていた機能はちゃんと果たす。しかしもう少しプラスアルファがあってもよかったのではないか?  「iPhone用インスタント・カメラ」というキャッチフレーズで、このアプリはiPhone3GSのカメラで写真あるいは動画を撮影し、アルバムに保存し、直接Posterousにアップロードすることができる。

Posterousに登録ずみのアカウントを利用してアプリにログインすると(このアプリを使うだけならPosterousでのログインは必要ない)、ユーザーはTwitterやFacebook、Flickr、FriendFeedなど複数のアカウントを管理し、写真を自動投稿し、プライベート・アルバムを作るなどができる。

さらに、このアプリはアップロードする写真やビデオに位置情報でタグづけすることができる。それぞれのアルバムに撮影位置を表示した地図を表示させることが可能だ。うまくできているのは、写真をアップロードする際にアルバムを指定すると、以下アップする写真はデフォルトでそのアルバムに追加される。これによって一連の写真を1つのブログ記事として一括して投稿することができる。

ただし、前述のようにぜひ改良を求めたい点がある。第1に、このPosterousアプリでは、写真や画像が投稿する際にテキストもリンクも付加できない。メール・アプリを使えば、もちろんテキストやリンクを投稿できる。第2に、一つのアルバムに複数の写真を保存した場合、後から個別の写真を削除することができない。どうしても削除したければアルバム全部を削除して始めからやり直すしかない。第3に、ブログに正しく表示させるためにはiPhoneカメラは横位置でしか使えない。これはどこにも説明がなくて、失敗して初めて気づく仕掛けになっている。(アップデート: 縦横は後で自動修正されるようだが、Twitter、FriendFeedその他のストリームに送られたリンクは修正前のまま)。最後にもう一つ。自動投稿機能はオフにすることもできるが、Twitterのみ、あるいはFlickrのみに投稿するなど自動投稿先を選定できるオプションがあるともっとよい。

PosterousのiPhoneアプリがついに登場したことは大歓迎だ。しかし今後、われわれユーザーからのフィードバックを元に改良を続けて、本当に使い勝手の良いアプリに育てていって欲しいものだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01