これは素晴らしい―自動スライドショーのAnimotoでビデオ動画が使えるようになった

次の記事

Microsoftのマーケティングが超ヘタクソなPhotoshopスキルで斬首刑をやってしまった!

Animotoはユーザーのアップロードした素材からBGM入りのスライドショーを自動的に作ってくれるクールなサービスだ。今日(米国時間8/25)、スライドショーに動画ビデオが利用できるようになったことが発表され、Animotoが一層魅力的になった。ユーザーは自分が撮ったホームビデオを使ってプロ級のミュージック・ビデオが作成できる。もちろん従来通り静止画も利用できる。特別な技術は何も必要とされない。われわれは先月、この機能をプレビューしているが、今日からは誰でも利用できるようになった。

結果は素晴らしい。ビデオの切り替えの際に加えられる効果やBGMとのシンクロは文字通りプロ級だ。証拠にわれわれが作ったビデオをエンベッドしてお目にかけよう。TechCrunchオフィスの典型的な一日を紹介するビデオだ。こんなビデオがわずか5分の操作で簡単にできてしまうのだ。



ビデオ編集というのはとかく煩雑な処理になりがちだ。しかしAnimotoの場合、従来写真を処理する際に利用してたグリッド形式の分かりやすいインタフェースをそのままビデオに利用している。やり方はこうだ。ユーザーは素材として使いたい写真やビデオをサイトにアップロードする。Animtoサイトにそれらの素材のサムネールがグリッド形式で一覧表示される。ユーザーはドラグ&ドロップで望みの順序に入れ替えることができる。ビデオについては、分かりやすいインタフェースが右側に表示されるので、スライダーを利用してどの部分を使うか(最長10秒まで)指定する。ユーザーはこのときビデオや画面にスーパーインポーズするテキストを入力することができる。BGMの音を絞ってビデオの音声トラックをそのまま利用することもできるし、BGMを流したままにすることもできる。BGMはAnimtoのライブラリーから選ぶこともできるが、ユーザーが使いたい曲をアップロードしてもよい。これで作業は完了だ。始めから終わりまで5分とかからない。もちろん、いろいろと細部に凝りはじめれば時間はいくらでもかけられる。Animotoの共同ファウンダーでCEOのBradJeffersonがビデオ・スライド・ショーの制作過程を説明しているビデオを下に載せておいた。




ユーザーが素材の配置を終えるとAnimotoはBGMのリズムや曲調の変化にシンクロして画面が切り替わるよう処理を開始する。レンダリングの時間はスライドショー30秒につき5分前後だ。ビデオを含めた長いスライドショーだとある程度待たされることになるが、きわめて高度な処理内容を考えると長すぎるというほどの時間ではない。〔以下英文〕

The new feature is great, but there are a few things that might frustrate new users at first, like the limit of ten seconds (five for the free version) that can be shown from an individual clip before Animoto inserts a transition — you can include as many clips as you want, but they have to be short. CEO Brad Jefferson says that Animoto does this because TV broadcasts rarely include more than ten seconds of uncut footage unless they’re of an interview, so the limitation helps ensure that the videos retain a professional feel. That may be true, but I won’t be surprised if some people grow frustrated about it anyway. There is a roundabout way to include longer chunks of footage that involves duplicating one clip and placing it side by side with the original, but the process isn’t very intuitive.

Animoto is making the new feature available for free to new users, but only for videos a maximum of 30 seconds in length. If you want to make anything longer (and you will), you can pay $3 for a full-length music video, which can be up to 10 minutes long, or become a member for $30 per year, which lets you make as many videos as you want. If you’d like to get a high-res version of one of your videos it will cost $5 for a download, or you can pay $20 to get it shipped on a DVD. Note that all of these prices are consistent with what Animoto offered for its image-based videos — there’s no additional charge for video-enabled movies.

Aside from the new video feature, Animoto has been doing very well. We recently learned that the company has been cash-flow positive since late last year and just raised a $4.4 million funding round. Jefferson also hints we will be seeing some of these features make it to the company’s iPhone app, though he declined to share any details.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01