boxcar

Boxcar 2.0はiPhoneに必須だ―プッシュ通知機能を生かした最高のアプリ

次の記事

Twitterの重大なセキュリティ問題がまだ未解決状態のままだ

img_0380

Boxcarというアプリを知らないiPhoneユーザーは大損をしている。私はローンチ以来オリジナル・バージョン(App Storeリンク)をTwitterのアップデートを通知させるのに使っている。大変便利だ。しかし現在App Storeに登録請求中のバージョン2.0は、なんといったらいいか、もう比べ物にならないくらい改良されている。ほんとにすごいのだ。

オリジナルのBoxcarはTwitterの@付きメッセージとダイレクト・メッセージ(DM)だけをiPhoneに通知した。バージョン2.0はこれを全面的に拡張し、ユーザーがそのように設定すれば全部のメッセージをプッシュ通知することも可能になった。また複数のTwitterアカウントを同時に管理し、新しい「流行のトピック」が現れるたびに通知させることもできる。なにより便利なのは、ユーザーが設定したすべてのTwitter検索の結果をiPhoneに通知してくれることだ。

今までTwitterの話ばかりしてきたが、実はBoxcarができるのはそれだけではない。

Boxcar 2.0はFacebook Connectを通じてFacebookのアラートをすべてプッシュ通知で受け取ることができる。Facebook3.0の欠点のひとつはプッシュ通知機能がないことだが(それはいずれ次のバージョンで改良されるとして)、Boxcarを使えば今すぐこの欠点を補える。

しかもこれらの機能は序の口だ。Boxcarにメールのプッシュ通知機能がある。これはBoxcarをiPhone最高のアプリの地位の押し上げるはずだ。ちょっと待った。読者の多くはGpushの例を上げて、こういうアプリにつきものの問題を指摘するかもしれない。Boxcarのやり方は違う。最初の設定が若干複雑かもしれないが、一度設定してしまえば実に快適だ。

img_0377簡単にいえば、まず利用中のメールサービスでBoxcarが指定したアドレスにメールを転送するよう設定する必要がある。Gmailならこの設定は簡単だ。「設定」をクリックすれば「メール転送」タブがすぐに現われる。このとき、「メールのコピーを受信トレイに残す」設定になっていることを確認すること。これは重要な点だ。Boxcarは単に件名と発信者を通知するだけでメールそのものは保存しない。しかし、メールの内容が他のサービスに保存されないというのはプライバシーの点からは安心だ。これは同時にメールのアドレスとパスワードをBoxcarに教える必要がないということでもある(Gpushの場合は教えなければならない。これが大きな問題)。

私はBoxcarのデベロッパー、Jonathan GeorgeにBoxcarがGpushの陥った問題をうまく回避できた理由を尋ねてみた。Georgeは「〔Gpushのように〕何万ものユーザーのIMAPコネクションを365日24時間見張っているのは大変な手間だ。それより実際にメールが来たときだけ処理すればよいと気づいたのさ」と語った。Georgeは過去にIMAPを利用したメールのプッシュ通知アプリの開発に携わったことがあり、この方式が問題が多いことを知っていたのだという。

さらにBoxcar 2.0はそれぞれのプッシュ元に応じて別々のアラート用サウンドを設定できる。音だけで何が通知されたのかすぐに分かるから大変便利だ。

ユーザーは通知されたメッセージを指定のアプリまたはウェブサイトを開いて確認することもできるし、Boxcarの閲覧窓で読むこともできる。また通知のポップアップの内容を「プライベート」に設定すれば新しいメッセージがあることだけが通知される。

さて、いくつか注意事項がある。まずBoxcar 2.0はApp Storeに登録申請中で、Georgeは9月3日から7日の間には承認されるだろうと期待している。しかし例によってこれは確定ではない。

img_03792番目に、Twitter検索のキーワードを変更しているときにアプリがクラッシュしたことがあった。私はGeorgeにその点について知らせておいたので、何か問題があるのならすぐに修正されるだろう。

3番目に、BoxcarはTwitterのTL(タイムライン)をすべて転送できるので、そのままではポップアップの数が無用に増えてしまうユーザーもいるだろう。Boxcar2.0では最近のメッセージだけを表示し、その末尾に「“+2」などと表示してさらにメッセージが来ていることを示すように設定できる。

さて料金だが、Boxcarは$2.99の有料アプリだ。 新機能も個々に料金がかかる。Georgeは新しくiPhoneに導入されたアプリ内課金機能を利用して、通知元1件ごとに$0.99を課金することとしている。最初の$2.99には通知元が1件無料でセットされている。つまり最初の無料アプリにTwitterを指定し、それからFacebookも通知させようとすると、$0.99を支払うことになる。(これは1回だけの料金だ)。しかしこれだけの機能がわずか数ドルで手に入るのだ。ユーザー数が爆発してもちゃんと機能するのであれば(Georgeは大丈夫だと保証している)、これだけのアプリなら私は$10だって払うだろう。$2.99からという低料金で、日ごろ利用しているサービスを順次プッシュ通知に切り替えられるのだから安いものだ。

Boxcar 2.0は驚くべきアプリだ。TwttierやFacebookのユーザーには、いやそれどころかメールを利用しているユーザーにさえ必須のiPhoneアプリだと思う。私のようにTwitter、Facebook、メール、いずれにも中毒している場合はなおさらだ。新バージョンのリリースを待っている間にオリジナル・バージョンをチェックしてみてもよいだろう。

私はこのアプリは爆発的に人気が出るものと思う。またこういったアプリの登場はApple自身がiPhoneにより優れたプッシュ管理システムを導入する圧力となるのではないか。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01