Google VoiceがiPhone対応準備中、15分で通話を切断

次の記事

東京発:Cerevoから、撮った写真を自動的に複数のソーシャルメディアサイトにアップロードできるデジカメがデビュー

この数日間、Google Voiceユーザーたちが、同サービス経由の通話が15分間で突然切られる、と苦情を言っている。以前にも書いたことだが、たとえベータ版でも、こと音声通話となるとユーザーは完璧を求めるものだ。この種の問題が起きると、誰もこのサービスを信用できなくなる。

あるユーザーより:「通話のほぼすべてが、15分と何秒かで切れるようになった」。他にも同じ問題を訴えるユーザーがいて、Googleが問題を認めたうえで、こう言っているという:「ご連絡ありがとうございました。15分で切れる問題の原因を突き止めましたので、まもなく改善される予定です。引き続き問題が起きる場合には、再度ご連絡いただければ幸いです。」

私は、携帯電話のすべての通話でGoogle Voiceを使っていて、この問題に気付いていないが、私はめったに数分以上話さない。しかも、最近までiPhoneユーザーだったおかげで、通話中に切れることには慣れているので、恐らく切れても気付かなかっただろう。iPhoneで15分以上切れずに話したことが、一度でもあったかどうか。

今でもわれわれは、近いうちにAppleがiPhone用のGoogle Voiceアプリケーションを承認するだろうと予想している。その方が、さらに調べられて最近のFCCとのやり取りでのごまかしがバレるよりはましだろう。通話が15分で切れることが、新しいiPhoneのユーザーにとって問題になるとも思えない。なあに、どうせAT&Tに文句を言うだけさ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)