ドイツのイベントチケットサイトamiandoは15か国に対応して急成長

次の記事

idthis:友の力を借りてそれが何かを調べよう

イベントの管理とチケット販売を行うamiandoが、なかなかの成長ぶりを見せている。このサイトはドイツの非上場企業だが、第二四半期の前年同期比売上増加率が200%、第一四半期に対しては65%だった。同社が公表したデータに金額は載っていないが、情報筋によると年商は数百万ユーロで、同社の二つの中心事業amiandoTICKETS(チケット販売)とamiandoEVENTS(イベントの登録と管理)でほぼ半々ぐらいだ。同社によれば、来年の初めには黒字になるそうだ。

amiandoのチケット販売額(amiandoの売上ではない)は1年でほぼ3000万ユーロだ。同社が得るマージンは7.5%弱である。ドイツマルクだけでなく15種類の通貨を扱い、3年前に立ち上げてから今日まで7万以上のイベントがこのサイトを利用した。売上の45%は母国ドイツからだが、残る半分以上が外国からだ。また同社が昨年12月にチケット販売APIを公開して以降、今では約半ダースのソーシャルネットワークがチケット販売機能としてamiandoを使っている。

同サイトのトラフィックの5%…そして売上の2%…がFacebook Connectからだ。Twitterのリコメンデーションも急速に伸びている。ただし今でもいちばん多いのはメールによるリコメンデーションからの照会だ。

急成長しているamiandoだが、まだトラフィックではEventbriteを抜いていない。そのほかの競合サイトとして、EventbeeTicketLeapがある。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))