coolreaders
coolerbooks
cool-er

Google、AmazonのKindle追撃急ピッチ―eブックリーダーのCOOLERBOOKSと提携

次の記事

Salesforce、スモールビジネス向けに月$9で軽量版の顧客管理(CRM)サービスをローンチ

GoogleはAmazonKindleを追撃すべく、eブックリーダーのメーカーやオンライン書店との提携を強めようとしている。

まずGoogleはSonyと提携して、この巨大企業が力を入れるeBook Storeに100万冊以上のパブリックドメインの書籍を供給した。

次に今回はイギリスのオンライン書店、Intereadと提携し、Sonyに対して供給したのと同様の書籍を提供する。これはアメリカ以外の地域への初の進出、の試みとなる(50万冊程度が無料)。

イギレスのレディング市に本拠を置くIntereadはオンライン書店、COOLERBOOKSを運営している。またIntereadは小型で洗練されたeブックリーダー、 COOL-ER eReadersを作っている。eReadersの外見はiPodの大型版といったところで、アメリカでは$249で販売されている。

COOLERBOOKS.comではEPUB、PDF、オーディオブックではMP3など19種類の主要なファイル・フォーマットが利用できる。ウェブ上のeブックストアとしてはもっとも幅広いフォーマットのサポートだ。

これでGoogleがAmazonに圧力をかけることに成功するかどうかはまだ分からない。今後に注目だ。しかしAmazonのように現在のベストセラーがすぐに読めるわけではないにせよ、無料でeブックが入手できるチャンネルが存在するのは良いことだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01