スベテノOハ、ワレワレガイタダイタ―GoogleのO、エイリアンに誘拐される? 〔アップデートあり〕

次の記事

BloggersBaseは、ブロゴスフィアのための発見エンジン

district-9-trailer

Googleが今年2月、Twitterで初めてつぶやいたとき、メッセージは暗号化されていた。しかし今日(米国時間9/5)、GoogleはTwitterに新しい方式で暗号化されたメッセージを公開した。謎のメッセージの内容は次のようなものだった。“1.12.12 25.15.21.18 15 1.18.5 2.5.12.15.14.7 20.1521.19″.

暗号自体は簡単だ。内容もインターネットのよく知られたジョークを元にしている。メッセージがA=1、B=2、C=3、以下同様で暗号化されていることはすぐに見てとれる。そこで平文に直すと、“All your o are belong to us”となる。

これはだいぶ以前にネットで流行ったジョークをネタにしている。 “All your base are belong to us〔日英対訳あり〕というのは、日本のビデオゲームの英語へおかしな翻訳から生まれたフレーズだ(下のビデオ参照)。しかし、それはそれとして、今回のOというンのはいったどこから来たのか? Googleのメッセージには今日のドゥードル〔イラストを加えたGoogleロゴ〕がTwitPic経由で添付されていた。 (エイリアンの空飛ぶ円盤がGoogleのに2番目のOを空中に誘拐していこうとするイラストだ。スクリーンショット参照)

このGoogleロゴの意味するところは謎だ。ロゴのリンクをたどると、“unexplained phenomenon〔解明されていない現象〕というGoogle検索の結果が表示される。検索結果のほとんどはGoogleの謎のロゴ自体の話題にすぎない。あとは例によって例のごときエイリアン陰謀説がいくらかヒットする。Googleの連中、いったいどんなゲームをたくらんでいるのだろう? 宇宙人の潜むDistrict 9でも発見したのか?

screen-shot-2009-09-05-at-23155-am

screen-shot-2009-09-05-at-23049-am

日本語版アップデート〕 Robin Wautersは、9/6、Is This The Real Answer To Google’s ‘Unexplained Phenomenon’Puzzle? 〔これがGoogleの「解明されていない現象」の本当の答えか?〕というフォロー記事を投稿した。以下はその要約。

Googleの「空飛ぶ円盤がOをさらう」ロゴの謎が解けたかもしれない。私の記事に対して、「このOはThe O Campaignに関係があるのではないか?」というコメントがあった。これは市民と科学者、企業が協力してガン予防のための研究を促進させようとする非営利法人だ。共同ディレクターのJoseph James Chungはシリコンバレーの起業家、チャリティー活動家だが、経歴によれば元Google社員だ。なるほどもっともらしい推理だが、これが本当の答えなのかどうかはまだ明らかでない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01