Googleのモノポリー:独禁法じゃなくて、ボードゲームの方

次の記事

ベテランは強い―成功したスタートアップのファウンダーの平均年齢は40歳

Screen shot 2009-09-07 at 3.15.32 PM近頃、「Google」と「monopoly(独占)」という単語を一文中で見る機会が益々多くなってきた。あの検索の巨人が、検索やオンライン広告業界で強くなりすぎることに対する恐れは、尽きることがない。しかし今日(米国時間9/7)、この2つが全く別の理由で結び付いた。ボードゲームのモノポリーのオンライン版が、Google Mapsと共にスタートする。

ゲームの公開は9月9日で、詳細は全く明らかにされていない。しかし、モノポリーの製造元であるHasbroは、どうやらこのヒット商品をMMOG(多人数同時参加型オンラインゲーム)に仕立てようとしているようだ。「Monopoly City Streets」と題されたゲームの簡単な紹介が、このティーザーサイトにある。

目的はシンプル。友だちや世界を相手に、史上最大の富豪になることです。

世界中どこの土地でも所有できます。質素な家やへんなお城や巨大な高層ビルを建てて、家賃を稼ぎましょう。MONOPOLYチャンスカードを使えば、相手の土地に危険物を置いて妨害することもできます。

このゲームがGoogleと正式提携によるものなのか、Habroが単にGoogle Maps APIを使っているだけなのかは、不明だ。しかし、タイアップがかなり密なものらしいことは、情報の出どころがこのブログだということからも伺える(そう、GoogleのBloggerプラットホームを使っている)。9/18(金)の記事にはこう書かれている。

あと3つ、新しい建物が必要なので、〈みなさんに〉デザインしてもらおと思います。

世界中のMONOPOLYとGoogle SketchUpのファンは、9/8(火)の応募要領を忘れずチェック。あなたの創った究極の3Dビルディングを世界に発表するチャンスです。

つまりHasbroは、このゲームにGoogle MapsだけでなくSketchUpも活用しているわけだ。英国のGuardian紙が報じたところによると、ゲームは4ヵ月間公開する予定とのこと。また、プレーヤーはゲーム開始時に$3M(300万ドル)をもらえるそうだ。

実物を見てもいないが、すばらしいMMOGのアイディアだと思えてくるる。世界中の物件を買うことができるらしい。もちろん、それらを繋ぐソーシャルな要素が重要になるが、その部分はまだ明らかにされていない。Monopoly City Streetsブログは、GoogleのFriend Connectを利用しているが、ゲームでは独自のソーシャルウェブを使うことになるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)