TC50(デモピット):LIFEmeeは、あなたの人生を「ゆりかごから墓場まで」オンラインで記録する

次の記事

[CG]150ドルで宇宙カメラを作ったMITの学生

lifemeeここTechCrunch50会場には、惜しくもファイナリストになれなかった将来性あふれるウェブ企業が、デモピット出場者として数多く参加している。その中の1社、東京発の従業員4名のスタートアップ、LIFEmeeは、おそらくTechCrunch50全体を通じても特に壮大なアイディアを持っている会社だ。このサービスの狙いは、人生のすべてを、同社曰く「ゆりかごから墓場まで」、オンラインで記録、管理、共有するためのプラットホームになること。

ユーザーは、サイト上で自分の人生を整理するためのツールを、いくつかの種類から選べる。例えば、毎日日記をつける(「MyLife」)ことから、過去に起きた大きな出来事を書き出すこと(「MyHistory」)、資産や年収の管理や、遺言書のアップロードまでできる。

lifemee_lifestream

LEFEmeeでは、ユーザーが入力したデータがすべてタイムライン(「LIFEstream」)形式で表示され、そこから過去から未来までのイベントをクリック一つで見ることができる。例えば、3年前の結婚パーティーの思い出を綴ってもいいし、5年後に買いたいと思っているドリームハウスの写真をアップロードしてもよい。情報をプライベートにするか、友人と共有するかは自由に設定できる。

LIFEmeeに入れた人生のデータを全員に公開して、自分の人生を世界中の誰かと比べてみることもできる。この「World function」と呼ばれる機能を使うと、みんながどんな資産を持っているのか、年収はどのくらいなのかを見ることができる。LIFEmeeは、ユーザーの資産と年収を自動的にランク付けするので、例えば自分の財務状況を、同じ地域で同じような仕事と経歴の人と比べるということもできる。

LIFEmeeは、本日公開されたところて、現在はアルファモード。

lifemee_assets

lifemee_ranking

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)