TC50: デモピットの最初の勝者oDeskはチームの作業進捗をリアルタイムストリームで監視できる(iPhoneとデスクトップ)

次の記事

TC50(デモピット):LIFEmeeは、あなたの人生を「ゆりかごから墓場まで」オンラインで記録する

毎年TechCrunch50には、われわれの心に好印象を残す何百というアプリケーションが登場するが、残念ながら決勝に残るものは少ない。そこで今年は、専門家が審査する決勝以外に、一般展示〜デモ会場の入場者が気に入った製品に投票するデモピット(DemoPit)賞というものを設けた。そしてその上位2社が、あらためてステージでプレゼンできる。

今日(米国時間9/14)の最初の勝者は、oDeskだ。製品はiPhoneアプリケーションで、プロジェクトチームの管理者がチームの各員の進捗状況をリアルタイムで監視できるというもの。管理者が得るデータストリームには、チームの仕事場の写真、彼らのキーストローク、各人が何時にチェックイン/チェックアウトしたかなどが含まれる。今後oDeskは、今回のiPhoneバージョンに加え、デスクトップアプリケーションも提供する予定だ。

oDeskは、遠隔地の労働者を雇うのに便利な求人求職サービスを提供している。現在の登録求人企業は34万あまり、今現在、求人件数は12,200強ある。

Video:

 

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))