Picasaのデスクトップ版に顔認識とジオタグが付いた

次の記事

新しもの好きによるiPhone用Twitterアプリ、トップ10

Picasa faces

丸々1年かかったが、ようやくGoogleが、Picasaウェブアルバムにある顔認識機能をデスクトップ版にも追加した。今日(米国時間9/22)公開されたPicasa 3.5では、名前のタグを付けると、ユーザーのフォトライブラリ全体を調べて、その名前があてはまる写真にタグを付ける。同じ顔かどうかはっきりしない時は、タグ付けするかどうかをユーザーが選べる。

タグ使いの人たちのために、Picasaは、Goolgeの連絡先に入っている人の名前を入力し始めるとオートコンプリートしてくれる。さらに、Google Mapsで位置をマークすれば写真にジオタグを付けることもできる。

顔にタグを付けたら、その人の顔のコラージュや、時間変化の動画を作ったり、Picasaウェブアルバムとタグを同期することができる。カメラから直接Picasaウェブアルバムにアップロードもできるようになった。Mac版からもベータが外れた。

顔認識は今や、デスクトップでもウェブでも写真アプリの標準機能となった、iPhotoにも、Facebook Photosにも(Face.com経由)あり、これでPicasaもオンライン版とデスクトップ版両方にもつくことになった。

新機能のデモビデオを貼っておいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)