Netvibes
Feedly

フィードリーダーのFeedly、読みたいブログを発見するための新機能を追加搭載

次の記事

やっと出た実用的注釈サービス:WebNotes PR

以前よく使っていたフィードリーダーを、だんだんと使わなくなってきている(その代わりにTweetDeckやSeesmicなどのストリームリーダーは頻繁に使うようになった)。そうは言ってもフィードを確認することはあり、そんなときにはFeedlyを使っている。Feedlyはフィードを雑誌風のレイアウトで見かけ上も綺麗に表示してくれるのだ。FeedlyはFirefox用プラグインで、Googleリーダーのブログおよびニュースフィードを全てインポートするようになっている(ブックマークやNetvibes、あるいはBloglinesからもインポートできる)。

そのFeedlyだが、本日(米国時間9/23)Feedly Exploreという機能を搭載した最新版がリリースされた。目玉は、セレブのお気に入りリスト、スタッフのおすすめ、ないし頻出タグを使って、新たに面白そうなブログを見つける機能だ。

検索用語を入力して検索すると、購読しているフィードと、ブログ全体からの検索結果およびYouTube、Flickr、Amazon、さらにはCrunchbaseからの検索結果が表示される。また自身のTwitterおよびFriendFeedのストリームも検索対象となる。

検索結果には、その内容に関して最も人気のあるブログ記事を取り上げた「featured」のリストも表示される(訳注:表示されない場合もあるようです)。また新しいExploreのページから検索を行うと、それぞれのカテゴリで上位に表示されるフィードのプレビューも表示されるようになっている。尚、この順位は購読者数によるもの。また当該フィードで1週間にどの程度の記事が流れてくるのか、あるいはそのフィードに対するレコメンド数はどのくらいかといった情報も表示される。もちろん各フィードはFeedlyの画面からワンクリックで購読設定を行うことができる。

新たに面白そうなサイトを発見する機能がついたというのはなかなか面白そうではある。ただ、個人的にはやはり外見のレイアウトと、そのレイアウトをその場で変更できる点が最大の魅力だ。レイアウトを変更することによって、記事を一覧するのが非常に簡単にできるようになる。Netvibesでもフィードを整理することで同様のことが行える。Feedlyにさらに期待したいのは、アラートマークのようなものが欲しい。赤く光るボタンのようなもので良いだろう。フィードの購読者や他の人が注目しているレベルに応じて、記事の重要度を示すようなものがあれば便利だと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)